書評 USJを劇的に変えた、たった1つの考え方

Pocket

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

森岡毅氏著/発行 角川書店

2016年4月23日初版

本書は、マーケターでない人が読んでもわかる、ビジネスで成功したい全ての人に向けて書かれています。

本書の目的
・個人も会社もビジネスで成功するための鍵である「マーケティング思考」を伝えること
・著者が体得した「キャリア・アップの秘訣」を伝えること

本書を読むことで、普段の生活で使っているのもがマーケター達が意図的に仕掛けているものであると気づくようになるとのことです。

スポンサードリンク



目次
プロローグ
第1章 USJの成功の秘密はマーケティングにあり
・V字回復の着眼点とマーケティングの役割
・変えたのは1つだけ
・なぜ「消費者視点」は簡単にできないのか?

第2章 日本のほとんどの企業はマーケティングができていない
・多くの日本企業は「技術志向」に陥っている
・TVCMから日本のマーケティングの現状を考える
・マーケティングはもともと日本になかった学問
・マーケティングが日本で発達してこなかった理由
・「技術」と「マーケティング」の両方を手に入れた企業が勝つ

第3章 マーケティングの本質は何か?
・マーケターって誰のこと?
・マーケティングって何?
・マーケティングの本質

第4章 「戦略」を学ぼう
・戦略って何?
・戦略的に考えるってどういうこと?
・良い戦略と悪い戦略をどう見分けるのか

第5章 マーケティング・フレームワークを学ぼう
・マーケティング・フレームワークの全体像
1 戦況分析
2 目的設定
3 WHO
4 WHAT
5 HOW
WHO・WHAT・HOWが全てうまくいくとビジネスは爆発する

第6章 マーケティングが日本を救う!
・日本って素晴らしい
・日本人の戦術的な強み
・合理的に準備して、精神的に戦う
・マーケティングが日本を救う

第7章 私はどうやってマーケターになったのか?
・会社と結婚してはいけない
・「実戦経験」の積み重ねでしかマーケターは育たない
・人を育てる伝統
・成長できる環境で貪欲に泳ぐ

第8章 マーケターに向いている人、いない人
・マーケターに向いている4つの適性
・「スペシャリスト」か「ゼネラリスト」か?
・マーケターに向いていない人

第9章 キャリアはどうやって作るのか?
・うどん屋の大将の年収は決まっている
・玉数を知った上で、必ず好きな台に座ること
・会社ではなく「職能」を選ぶ
・強みを伸ばして成功する
・なかなか変われないのはなぜか?
・自分の強みを知るいはどうするか?
・常に前向きに、目的を持つ
エピローグ

スポンサードリンク



本書は、マーケティングというものがどういったものなのかということを、学ぶことが出来ます。

マーケティングというのは、市場調査、消費者心理などの調査を行う部門だと考えられている企業がとても多いことに気付かされます。

マーケティングは、企業の頭脳であり、心臓であるというのです。

商品を売るのは、営業だと考えていましたが、マーケティングを行う部門が、売れるような仕組みを作ることで、営業部門がストレスなく、商品を販売しやすくなると言っています。

日本の企業は、マーケティングをしっかりと理解しておらず、とりあえずマーケティング部門を置いてあるにすぎない企業があまりにも多いそうです。

マーケティングは、広告をどのように行うかということを行う部門なのですが、実は、消費者視点の専門家であることが必要だとしています。その専門家のことを、マーケターと呼ぶらしいです。

日本の技術は世界トップであると森岡氏は言っています。

日本は、技術はすごいが、マーケティングにとても弱いため、世界の企業に負けてしまうのだとも言っています。

なぜそうなのか?

マーケティングの基本は、目的、目標、戦略そして戦術に分けられます。

日本の技術は、戦術です。戦略がないのです。戦略が間違っていると、どんな素晴らしい戦術であっても勝つことはできません。

日本の企業に、マーケティングを熟知したマーケター
が存在すれば、日本が経済で世界一になれるのではないかという感覚になります。

この本は、企業に勤める方々だけでなく、自ら起業されている方にもオススメの本です。

ネットで起業しようとしている方にも、とても参考になりますし、実践すればかなり有用なスキルになると考えます。

興味のある方はこちら
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

関連書籍
USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫)

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*