2016年 10月 の投稿一覧

ネットも現実も実は同じ?!

Pocket

ネット上でビジネスを構築しようといろいろと考えていると、現実で行うビジネスも実際のところ、それほど違うというものでもないのかと気づきました。

ネットであろうと、ネットの先にあるのは、ひとですからね。

ビジネスのやり方は多少ちがうかもしれませんが、集客の方法、儲けの仕組みなどなど、実際のところほとんど同じです。

最近では、ネット上で販売されている商品の方が先に売り切れになっていて、実際の店舗では、まだまだ在庫があるのをよく見ます。

欲しいものは、ネットで購入することが多いのは事実なのですが、ここまで、ネットに依存してしまっているのかと…。

ほとんどのものが、ネット上で購入できてしまう世の中。実際のお店に行って、ものを購入する機会がどんどん減っていくのはとても悲しい面があるなぁ〜とつくづく感じてしまいます。

ネットで、ものを購入するということは、人と話す機会がなくなってしまうということ。

商品の中身や口コミを知りたければ、ネットで検索することで、すぐにわかるようになりました。それは、とても便利なのですが、なにかが失われてしまっているのではないかと考えてしまうこともあります。

会話をしないということは、人との触れ合いを失うということです。

そのうち、家を建てるのもネットで注文…みたいな世界になったりしないでしょうか?

ネットは便利なのですが、実際に商品を売る相手のことを知る必要があるものもあります。

ネットの口コミだけを信じて、あとあと後悔してしまうというのも本末転倒です。

実際の現場で、ちょっと足りないからネットで補うことの方がいいのかなぁ〜と最近考えるようになりました。

人との会話ができなくなっている若い人がどんどん増えてきているのも、ネットの影響なのか…。

結局のところ、ネットであろうと、現実であろうと、人と人であることには変わりありません。相手が、コンピュータでない限り…。

人を人とも思わない世の中にはにはなって欲しくないものです。

Pocket

書評 ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法

Pocket


ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法

和田亜希子氏著/日本実業出版
2016年10月1日発行/1600円(税別)

まったくの初心者でもわかりやすくかかれていて、かつ、実践的な内容に仕上がっています。特に女性ならではの細やかな書き方は初めての方にとってとても分かりやすい内容となっています。

ミニサイトと聞くと、簡単に作成できるのでは?と思いがちですが、まったくそんなことはありません。

簡単に、サイトが作れて、儲けることができると考えておられる方は、読まなほい方がいいでしょう。

ミニサイトと言えども、しっかり、ニーズを把握し、企画する。簡単ではありませんが、しっかりと作ってしまえば、ある程度ほったらかしでもよいサイトが出来上がります。

ただ、ネタの探し方、記事の書き方といった基本的なことはご教授いただけます。

女性ならではの目線が大事
作者は、女性ですので、女性ならではの伝え方で書かれています。男性が書かれているのは、なんだか、データ重視のところが多いのですが、女性ということで、感情的に訴えるという内容です。

これから、本気で始めようと考えておられる方にはとても参考になります。とくに超がつくほど初心者にはいいですね。

データに関するところがまったくないというわけではありませんが、とても読みやすく、作ってみようかなという気分にさせてくれます。

企画書の書き方など、男性目線の結果を求めるような書き方ではなく、相手目線の何を求めているのか?という書き方と考え方はとっても参考になります。

相手の気持ちを一緒に考えるということは、女性の方が長けているのだなぁ~という印象を受けました。

サイト作成の目線
サイトを作るということは、読者のメリットとなることを考えて作成する必要があるとされています。その点は、他の書籍にも書かれていてたくさん書籍を読まれている方にとっては目新しいところがないと思われる方も多いかもしれません。

一番参考になったのは、アフィリエイト、アドセンスといったところなのではなく、直接、広告を依頼するところです。

どうやって、自分のサイトに直接広告を依頼すればいいのかと考えておられる方は多いのではないでしょうか?

企画書の作り方
企画書の書き方も、なるほど~。と思わせてくれる内容です。

上司などに承認を受けなければいけない企画書と違い、力をぬいて楽に企画書を書く方法を教えてくれています。そうすることで、企画書を作ることがとっても楽しくなります。

楽しいから、どんどんと続けることができるようになります。

自分でいろいろと考えてサイトを作成するということが前提になっています。ある程度真似事でもいいのですが、自分で考えることで、自分の知識、経験となり、最初はむつかしかったことが、何回も繰り返すことで、サイトを作るスピードが上がってきます。

サイトを運営するということは?
すぐに、結果を求めてはいけません。結果を求めるから、すぐにやめてしまうのではないでしょうか?

時代によって、変わってしまう商品などのは、その都度サイトの変更が必要となってきますが、旅行などのサイトは、それほど大きく変わるものではありません。

自分が体験したことが、これから始めようとする方にとって、とても必要なことなのです。実践してきたからこそ、何に困ったのか?何が知りたかったのか?などの疑問がよくわかるのです。

自分がわからなかったことを、サイトで提供してげることがとても大切だとしています。

ブログ初心者にも最適
無料ブログの作成方法など、ある程度は触れてくれています。高度な内容についてはあまり書かれていませんが、まったく知らない方にとってはかなり高度なことが書かれている印象を持たれるところもあります。

実際に、無料ブログを作成することで、「すっと」理解できるようになる内容になっています。

これから、サイトを作って収益を上げていこうと考えられておられる方には、是非とも手に取っていただきたい書籍です。

ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法

Pocket

書評 ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

Pocket

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

菅家 伸(かん吉)氏著/ソーテック社発行
2016年10月31日

これからブログで収益を上げていこと考えている人にうってつけの本です。

本当の初心者で、無料ブログの作り方さえわからない人には向いていない本です。

ある程度、無料ブログやWORDPRESSである程度ブログの知識がある人向けの本です。

ブログの種類
大きく分けて、ブログには、雑記ブログと専門ブログに分けることができます。

雑記ブログのメリットは、自由に書くことができること。デメリットは、集客するためには、ファンを増やす必要があるため、時間がかかることです。

専門ブログのメリットは、集客に時間がかからないこと。デメリットは、記事の内容が限られてしまい、更新頻度が少なくなってしまうことです。

雑記ブログ、専門ブログどちらがいいかといえば、どちらともいないのも事実です。

一番いいことは、好きなことをブログにはするということです。

好きなことを記事にすれば、ファンが増えていくということなのですが、ただ単に好きなことだけを書けばいいというものでもありません。

例えば、「今日は、美味しいイタリアンのお店に行きました。」という内容のブログを書いても、特に興味を示されることはありません。

芸能人などの有名人であれば日々あったことをブログには記載するだけで、集客はできますが、一般の方ではそうはいきません。

読者のためになることを記事にする。

美味しいイタリアンのお店について書くのであれば、「誰にも教えたくない、隠れ家的な絶品イタリアンレストラン」という内容にすれば、読者が興味を持ってくれるのではないでしょうか?

読者って誰?
読者といっても、誰でも読んでくれるわけではありません。

まずは、読者を自分の中で想定しないといけません。それを、ペルソナ像といいます。

具体的には、名前、年齢、性別、血液型、趣味、家族構成などなどを、具体的には想像することです。

ペルソナ像を想定するということは、想定した人に対して、記事を書くということです。

それも、一人だけに。

一人に伝えようとすると、実は、何人にも伝えるとこになるのです。

これはとても重要なことです。

不特定多数の人に話をすることは大変ですが、知っている人に伝えるのはそう難しくないはずです。

結果、不特定多数の人に伝えることができるようになるということです。。

売ろうとしてはいけない?
商品は売ろうとするから売れないのです。どこかで聞いたことのある言葉ですが、その通りです。

人は、売り込みされると書いたくないけれど、売られないと、買いたくなるというものです。

売り込み色の強い記事は、はっきりいって読む気がしません。あなたはどうですか?

広告など、どんどん飛ばしてサイトを見ようとしませんか?

ただ、信頼がおける人にオススメされたら、買おうと思いませんか?

そう、信頼がおけるブログやサイトをであれば買ってしまうのです。

そのほかに、使い勝手の良いアプリ、サイトの紹介や記事が書けない時の対処法として、簡単な文を書く方法が紹介されています。

4行記事フォーマットというものです。これだけでも目からウロコの内容です。

アマゾンで購入する
ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

Pocket

書評 言葉にできるは武器になる。

Pocket


「言葉にできる」は武器になる。

梅田 悟司 (著) /日本経済新聞社
初版 2016年8月26日

「世界は誰かの仕事でできている」
「この国を、支える人を支えたい」

こういった言葉をどうやって考え出すのかという、思考方法を伝授してくれる書籍です。

スポンサードリンク



たいてい、こういった類の本は、技術や文章を書くノウハウが書かれているものです。

最初、この本もそういった類の本なのかと思いましたが、そうではありません。

梅田氏は、そういったうわべだけの言葉が大切なのではなく、自分の中に落とし込んで、「内なる言葉」に耳を傾けよと言っています。

何かを伝えようとすると、結局のところ、自分の記憶の中から必要な部分を抜き出して発信しているにすぎません。

新しいものを生み出すには、自分の中にある「内なる言葉」に語りかけ、化学反応を起こすことが大切だと説いています。

”「内なる言葉」とは、日常のコミュニケーションで用いる言葉とは、別物であり、無意識のうちに頭に浮かぶ感情や、自分自身との会話をすることで考えを深めるために用いている言葉である。考えるという行為は、頭の中でこの「内なる言葉」を駆使していると言い換えることもできる。”
引用:言葉にできるは、武器になるp22

言葉を伝えようとすると、自分の中の感情に訴えかけなければいけません。

テクニックで、感情的な内容にしようとしても、自分自身が本当にそう思っていなければ、何も伝わらないのです。

まずは、自分の中にある思考を、言葉にすることから始めましょう。思考の中では、言葉があいまいの場合があります。

何かを伝えようとする場合、まず、伝えようとする内容を、自分の中で考えてみて、紙に書き出してみる。

案外、思考のかなで整理されておらず、あいまいな言葉が出てくることが多々出てくる。

それを、つないでいくと、自分が本当に考えていることがよくわかるということでした。

「言葉にできるは武器になる。」で学べることは、自分自身の中で対話する方法を学び、人に伝えることのできる本当の思考方法が学べます。

ブログ、SNSなど、情報を発信することがある人には、ぜひとも読んでいただきたい書籍です。

特に、文章を作ることが苦手だが、文章を作らない人には読んでいただきたい書籍です。
「言葉にできる」は武器になる。

スポンサードリンク



Pocket