NHK真田丸で真田紐が登場!真田紐の結び方が独特です。

Pocket

%e7%9c%9f%e7%94%b0%e7%b4%90

真田信繁(真田幸村)が九度山で蟄居(ちっきょ)していた時に考案し、作って売ったとされている「真田紐」。

真田紐と言われるものは、もともと、戦国時代、全国各地の武将が軍需物資として制作・使用していたようです。

スポンサードリンク



「真田紐」の実際の由来はいろいろとありますが、実際に世に広めたのは真田信繁(真田幸村)ということで、今でも「真田紐」という名前で売られています。

「真田の作った強い紐」という触れ込みで、行商人が売れ込み名を広めたとされています。

現在でも、「真田紐」として、売られていて、外国人にもお土産として喜ばれています。

真田紐の結い方

現在でも、真田紐は通販などで売られています。しっかりとしていて、色々なデザインが自由に作成できるところが人気であったとされています。

一番の理由は、「真田の作った強い紐」でしょう。NHK真田丸で放送される以前から、「真田の作った強い紐」という言葉は聞いたことがあります。

現代は、ストラップとしても使われていて、ブレスレットなどアクセサリーとしても人気です。

真田紐の購入はこちら

スポンサードリンク



Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*