書評 一瞬で心をつかむ文章術

Pocket


一瞬で心をつかむ文章術 (アスカビジネス)

石田章洋著/明日香出版社 1512円

「世界一ふしぎ発見!」を手がける放送作家の石田章洋氏著、一瞬で心をつかむ文章術です。

最近は、文章を書くことがとても多くなっています。特に、メール、ブログ、SNSなどで文章を書く方が増えているのではないでしょうか?

ブログを書いても、アクセス数を伸ばせないのはなぜなのか?

それは、読む人のことを考えて文章を書いていないからなのです。

たいてい、自分の伝えたいことを文章にすることが多いはずです。

文章を書くのが苦手な人
文章を書くことが苦手な人は、次の3点が理由であることが多いそうです。

「何を書いていいかわからない。」
「考えを文章化できない。」
「メンタルな理由で書けない。」

苦手意識があるから、苦手のループに入ってしまい、ますます書くことができなくなるのです。

文章は読んでもらうものと心得る
文章には、必ず読者がいます。日記だって、自分が読者です。

テーマを最初に考える
何について書くのかを考えることで、読者が興味を持ってくれる内容を考えやすくなります。

特定の相手を想像する
特定の相手を想像することが一番大切です。たいていの人は、伝えようとするけれども、特定の人のことを想定して書いていません。

特定の人を想像することで、より、読んでもらおうと、興味のある分野を選ぶことになります。

ラブレターを書くときのことを想像してみてください。

相手のことを考えて、興味のあることなど、読んでもらおうと必死で考えたりしませんか?

一番大事なことは、読者を想定して書くこと
「いきなり書く」「書くために書く」ことをやめて、「読者のために、しっかり考えてから書く」ことに気づくと、文章を書くことがとても楽しくなります。

一瞬で心をつかむ文章術 (アスカビジネス)

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*