ブレーキとアクセルを踏み間違えない方法が?!

Pocket

a0006_001031

お年寄りの、ブレーキとアクセルの踏み間違えの事故が多発しています。

高齢者の運転者による死亡事故の5割以上が、ブレーキの踏み間違えという事実がありますが、若い人の踏み間違いによる事故も実のところ多いのです。

スポンサードリンク



若い人の踏み間違えにより事故は、運転経験が未熟であるということが原因のようです。意外と高齢者の踏み間違い事故よりも高いようです。

年代別踏み間違い事故の構成
29歳以下 27.4%
30歳代  13.1%
40歳代  10.5%
50歳代  14.1%
60歳代  15.4%
70歳代  19.5%

男性と女性の踏み間違い事故の起こしやすさは、女性の方が起こしやすいという結果があります。

ニュースでは、高齢者の踏み間違えによる事故のことがとりだたされていますが、実のところ、若い世代の経験不足による踏み間違えの方が多いのです。

若い人も、若いからと言って踏み間違えが少ないという考えはなくしておいた方がよいということですね。

高齢者は、判断力や記憶力が低下しています。ただし、本人は低下しているという自覚がないためそういった事故が多くなっているのです。

高齢者が踏み間違えを起こしやすい状況とは?
駐車場が一番多く起きているようです。案外、通常の運転中による踏み間違えは少ないようです。

高齢者が踏み間違いを起こす理由
常にアクセルペダルに足を置いているため、とっさのとき、もっとも反応しやすいのがアクセルペダルということになります。そのため、ブレーキよりアクセルを踏み込んでしまうのです。

危険を感知すると無意識に足で身体をつっぱるという人間の本能が、無意識にアクセルペダルを踏んでしまうという原因にもなっているようです。

踏めばブレーキという方法
ワンペダルという商品があります。踏めば常にブレーキという商品です。

ブレーキは踏み込むだけ、アクセルは足を右に傾ける必要があります。急な動作では、足で身体をつっぱるという本能から、常にブレーキとなります。

踏み間違える原因は?
〇パニック状態(予期せぬ事態)になると、人は反射的に足を伸ばす。【行動特性】
〇バック(後進)の時に体をねじると足元の位置認識が狂いやすい。【身体構造】
〇同じ「踏む」という動作で、「進む(アクセル)」と「止まる(ブレーキ)」の操作をし、正反対の働きをするペダルが近くに、 ほぼ並列に取り付けられている。【ペダル構造】”
引用:ナルセ機材有限会社

アクセルを踏むということを、複雑にすることで、常に簡単なことはブレーキという発想はとても大切であるとシミジミ感じるものです。

スポンサードリンク



Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*