株式投資の初心者が見逃せない方法とは?

Pocket

株式投資の初心者が、実際に株式を購入しようとしても、どんな会社の株式を購入すればいいのかわからないものです。

株主優待狙い?配当狙い?大手の優良企業?だいたい株式投資の初心者が選ぶのは、株主優待であったり、有名な企業であることが多いのです。

株式投資の初心者は、どんな会社の株式を購入すればいいのかわからないため、株主優待や配当などの見返りがある大手企業の株式を購入する傾向にあります。

株式投資は、あくまで、企業の成長に伴って株価が上昇していくということを理解することなのですが・・・。

スポンサードリンク


株式投資初心者は、まず身近にある物を狙え

株式投資をはじめようとすると、経済のことが目に付くようになります。経済のことが気になるため、日本経済新聞の購入をはじめたり、経済のニュースに敏感になります。

私も株式投資を始めたときは、新聞の経済欄や新商品に対して敏感になっていました。

新聞の経済欄を見ていると、色々なことが見えるようになってきます。ただ、一般紙では、経済のことが一部しか掲載されていないので、日経新聞を購入しようと決めました。

日経新聞に、掲載された記事を読んで、これはいいのではないかという情報をもとに株式を購入していましたが、期待できるほど、上昇は見込めませんでした。

日経新聞などで、経済のことを肌に感じることはとてもいいことなのです。日経新聞などの経済の新聞は、自分の経済に対する見方を変えてくれます。

ただ、新聞を読むあまり、身近に起きていることを見過ごしかねなくなってしまいます。

経済新聞などでは、流行りだしてから、ある程度期間をおいて掲載されるのです。

なぜなのか?それは、結果が伴ってからでないと新聞に掲載できないからです。もしかしたら、流行するのではないかという思い込みでは、裏付けがないため記事にできないのです。

身近に起きている、ちょっとした変化が、実は株式投資の参考になることは多いのです。

身近に起きているものを発見する方法とは?

身近に起きていることを発見するというのは、簡単そうで以外にむつかしいのです。なぜなら、普段生活していると当り前だから、見過ごしてしまっているのです。

例えば、通勤などの電車の中にある広告。通勤している人が保有している物、最近新しく発売された商品を使っている人が増えていることなどなど、気づかない生活の変化を感じることがあるはずです。しかし、意外とそういったことをスルーしてしまいがちなのです。

周りの人々が、何をやっているのかということに気づくと、株式投資をするべき企業に意外と簡単に到達できるものです。

株式投資の初心者に見逃せない方法

株式投資の初心者は、何に投資をすればわからないものです。ただ、案外身近に投資のネタが転がっていることが多いのも事実です。

株式投資の初心者におすすめなのは、テレビや新聞で報道されていることなのではなく、身近に起きていることに注目することです。

女子高生が何を使っているのか、何に興味を示しているのか。サラリーマンの利用者が少しづつ増えてきて、それを提供している企業は何なのかなど、些細なことをネットなどで調べて、それを提供している会社がどこなのかということを知ること。

どこに投資すればいいのかということを探すのではなく、身近に起きていることをなんとなく見るのではなく、興味深く観察してみることが大切なのです。

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*