副業にアルバイトは向いているのか?

Pocket

副業を考えるとき、手っ取り早く収入を得る方法を考えます。ネットでアフィリエイトなどをする場合は、手間がかかるうえ、時間もかかります。さらに、成果が出るまで時間を要します。

本業の時間以外で、時間があり、体力があるのであれば、副業でアルバイトをするのもいいかもしれません。

スポンサードリンク


副業でアルバイトをする目的は何か?

副業でアルバイトをするのは、あくまで時間を提供してお金を得るものです。

しかし、副業として、アルバイトをお金が目的で働いているのと、異なる副業を目的としてアルバイトをしているのでは、得られるものがまったく異なります。

例えば、コンビニのアルバイトを選んだ場合

ただ単に、お金を得る目的であれば、言われたことをこなしていればいいという考えになりますが、将来、事業を経営しようと考えている場合は、アルバイトをしながら、入店者の視点で物を配置したり、発注することもできます。

お金をもらいながら、経営のことを学べるいい機会になります。

副業を通して何を見るのか?

副業を通して、将来どうしたいのかという考えを持つことはとても大切です。

時間やお金に束縛されない人生を送りたいのか、いろいろなスキルを身に着けて企業の重要役職に就きたいのか、事業を起こして経営者になりたいのかなどなどいろいろな考えがあるでしょう。

アルバイトは将来の副業の勉強しているということが大切

副業としてアルバイトをやっていても、いろいろと学ぶことができます。道路の交通整理のアルバイトであっても、仲間と話をすることで人脈を作ることもできますし、アルバイト以外の内容の話をすることもできます。

さらに、交通整理に、人の配置をする必要がない場合もあるはずなのに、配置している場合に気づいた場合、その方法がビジネスにつながる場合があります。

どんな副業としてのアルバイトでも、見方によって新たな副業やビジネスにつながる可能性を秘めています。まずは、いろいろな職種などを経験して考え方や見方を見ることが大切です。

副業でアルバイトをする場合のデメリット

副業で、アルバイトを行う場合、人に仕事を依頼できないというのが最大のデメリットです。アルバイトは、あくまで、自分の時間を提供することです。時間管理で他の人に依頼することはあるかもしれませんが、その場合、あくまで、依頼された人の収入になり、依頼した人の収入にはなりません。

さらに、自分の一日の時間を自分の時間を使わないといけないというのもデメリットです。

ネットで、サイトアフィリなどを行っている場合、ある程度作ってしまえば、自分の時間を使わなくてもある程度稼いでくれます。しかし、アルバイトはそうはいきません。

あくまでも、自分の時間を使って労働力を提供しないと収入にはならないからです。

副業としてのアルバイトはスキルアップや人脈の構成と考えよ

アルバイトは、あくまで、自分の時間を使って、収入を得ているにすぎません。

副業としてアルバイトを継続的に行うのではなく、将来、副業、本業として学んでいると考えた方が得策です。

副業を行う場合、自分の時間を使うのは、一日最大24時間しかありません。しかし、人の時間を使えば、一日48時間、72時間にもなります。

人脈の構成と言ってもそう簡単ではありません。アルバイトをしていると、将来ビジネスを行おうとしている方々もいます。そういった方々は将来ビジネスの人脈になります。

将来、ビジネスを行おうと考えていない人でも、何かがきっかけでビジネスを起こすことも考えられます。

副業としてのアルバイトは、自分のスキルアップと人脈の構成を考えるとてもよい場所です。

副業としてのアルバイトを通して、お金を得ることは当然のことですが、スキルアップ、ノウハウの吸収、人脈の構成を考えることが大切です。

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*