株式投資におけるPERとPBRの役割とは?

Pocket


割安株としてよく、PER:10倍~15倍以下、PBR:1倍~2倍以下が基準とされています。

そもそも、なぜPER10倍~15倍以下、PBR1倍~2倍以下とされているのでしょう?

スポンサードリンク


PER(ピー・イー・アール)とは?

PERとは、(PRICE EARNINGS RATIO)の略で、株価収益率のことを言います。

株価収益率ってどういうことなのか?

まずは、株価収益率をあらわす公式を見てみましょう。

PER(株価収益率)=時価総額÷純利益(又は株価÷1株当たり当期純利益)

です。

初心者にとってはだから何?ということだと思います。

簡単に言いますと、現在の株価が利益に対してどの程度の値段買われているのかという株価の水準を判断する指標です。

この率が高いと、会社の利益に比べて株価が高く、この率が低いと株価が低いと判断されるのです。

もっと簡単に言いますと、利益に対して、株価収益率が10倍だった場合、利益を10年間積み上げれば、時価総額になってしまうということ。

PER100倍ということは、利益を100年積み上げなければ、時価総額にならないということなのです。

PBR(ピー・ビー・アール)とは?

PBRとは、(Price Book-Value Ratio)の略で、株価純資産倍率のことを言います。

株価純資産倍率ってどういうことなのか?

まずは、株価純資産倍率をあらわす公式を見てみましょう。

PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株あたり株主資本

です。(1株あたりの株主資本=株主資本÷発行済み株式数)

簡単に言いますと、株主が提供した資本通りの株価だと、PBRが1倍となります。

会社が、解散したとして、お金を分配すると、株主が支払った資本がそのまま帰ってくるということ。PBRが1以下の会社が解散すると、基本的に株主が提供したお金以上のお金が返ってくるとされるので、PBRが1以下で買った株主は儲けが出るということになります。

PER10倍、PBR1倍は本当に割安なのか?

利益というものは、毎年変化します。ビジネスを行っている以上、毎年増益というわけにはいきません。減益という年もあるはずです。

PERが30倍だったとします。株価としては、割安だといわれる指標ではありませんが、その年、利益が3倍になった場合、PERは10倍に変化します。

反対に、利益が3分の1だった場合、30倍だったPERは90倍に変化します。

利益が上がった場合、今までPERが30倍であったものが、10倍になったわけですから、割安と判断されて、買われることになります。

その場合、株が買われて株価が上昇するのですから、PBRは上昇します。

利益が下がった場合、30倍だったPERが90倍になるわけですから、割高であると判断されて、売られることになります。

PBRは、下落します。PBRが下がると、倒産リスクが高くなると判断されてしまいます。

PERとPBRはあくまで現在の利益の反映にすぎない。

現在の株価で、PERとPBRが高くっても、割高であるとは判断できないのです。

これから、どんどんと伸びていく会社であれば、PER10倍とPBR1倍というのは割安であると判断されますが、これから、売上や利益が下がっていく会社であれば、割高であると判断する必要があるのです。

あくまで、どういった理由で、割安なのか、割高なのかということを把握することが大切なのです。

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*