ブログでネタに困った時の5つの対処法

Pocket

アフィリエイトで稼ごうとブログを立ち上げ、毎日記事を書いているとネタがなくなって困ったことがありませんか?

特に初心者は、ネタがなくなってくると、とりあえず今日のできことを書いてことなきを得ます。

しかし、それも続かなくなって、せっかく始めたブログも休眠状態。当然アクセスはなく、アフィリエイトは稼げないということになり、結局やめてしまいます。

そんな時の、ブログネタ対処法をご紹介します。

スポンサードリンク



ブログネタが書けなければとりあえず休んでみる

アフィリエイトを始めたばかりの人が、ネタを毎日書き続けるのはとても苦痛なものです。

そんな時には、思い切ってブログを書かないというのも手です。

何ヶ月も休んで、結局そのままというのはよろしくありませんが、1日くらいネタがなく書けない日があっても問題ありません。

書かない日があるからこそ、そのあとに書きたいという思いが噴き出してくることもあります。

ブログネタがなくともとりあえず手を動かしてみる。

ブログネタが思い浮かばず、書く気が起きなくても、とりあえずパソコンを起動し、適当に書いていきましょう。

例えば、天気は晴れ。あさ起きれなくって遅刻はしなかったものの、ギリギリでかなり焦った。

みたいな感じです。

はっきり言ってブログネタとしてはなんの意味もない、ただのすぶやきですが、それはそれで、面白い内容になることもあります。

さらに、書いているうちに「そういえば」というひらめきが出ることもあります。

なんでもいいので、とりあえず手を動かすことで、なんらかのブログネタが出てくることがあります。

スポンサードリンク


グーグルトレンドなどで話題のネタに触れてみる

グーグルトレンドなどで、いま一番検索されているワードをみます。100位くらいまでざっとみましょう。

何から興味のあるブログネタが転がっているかもしれません。

これは、トレンドアフィリエイトと言われる手法で、今検索されている内容をいち早く、ブログネタとして掲載し、アクセスを呼びこむ手法です。

トレンドアフィリは、短期的にはアクセスを呼ぶことができますが、長期的にみると、あまり効果がありません。

ちょっとネタに困ったときに、ブログネタとして活用することをおすすめします。

ブログネタを考えるときにマインドマップを活用する

ブログネタに困ったときに、マインドマップを活用することで、ネタがどんどんとでてくるようになります。

マインドマップは、紙などの中心に目的のことを書いて、少しずつ枝葉をつけて考えを掘り出していく手法です。

マインドマップを作成するサイトやソフトがありますが、実際の紙に書いてマインドマップを作成することをおすすめします。

マインドマップでいろいろな考えを書き出すことができれば、ブログネタに困ることがなくなります。

さらに、サイトの目的に沿ったマインドマップを作成することで、関係ないと思われていたことが、実は関係していることに気づくことができます。

そう言ったことを、ブログネタにしていくこともいいでしょう。

本などの内容をリライトしてみる

ブログネタを作るときに、やってはいけないことは、人の作った文章などをそのままコピペして、自分のブログネタとして掲載することです。

人の考えたものを、勝手に自分の考えたものだと称して発表すると、著作権の侵害にあたることがあります。

リライトするとはどういうことなのか?

本などに書かれている内容ざっと目を通します。そして、キーワードなどを抜き出します。

抜き出したら、見ていた本などは閉じてしまいます。

閉じてしまえば、本などの内容をコピペすることはなくなります。

抜き出したキーワードなどを参考に、本などの内容を自分の中に落とし込みます。

そうすると、内容の大切な部分や重要な部分が見えてきます。

大切な部分や重要な部分が見えたら、自分の言葉で書き出すのです。

そうすれば、コピペなのではなく、自分のブログネタとして提供できるのです。

リライトするという方法は、意外と使えるのでブログネタに困ったら活用して見ましょう。

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*