人は、売られるより買う方が好きとはどういうことなのか?

Pocket

ショッピングモールなどで、ちょっと興味があって、お店に入ることがあります。

なぜか購入してしまうこともありますし、購入しようと決めていたものでも購入しなかったこともあります。

どうしてなのでしょうか?

スポンサードリンク


人は買うのが好き!

人は、どこかに出かければ、何か物を購入します。食べ物であったり、洋服であったり、購入するものは様々です。

購入が目的である場合もありますが、そうでない場合も多々あります。

あなたが今購入したもの・・・。

なぜ、購入したのですか?

なんか、良さそうだったから。ちょっと気になったから。おすすめと書いてあったので気になったので、お店の人に勧められて・・・などなどいろいろと理由はあると思います。

でも、実際のところ、買ったことで、自分の未来を想像するのです。

人は、買ったもので自分の未来を想像する。

人は、ものを購入するとき、購入したことで、どうなるのかを想像、期待します。

購入したことで、想像以下の商品であれば、悪い商品であると判断しますし、想像以上の商品であれば、いい商品であると判断します。

最近では、商品レビューなどがありますが、想像以上に良いものであると判断される方は、良いとレビューしますし、悪いと判断すれば、悪いとレビューします。

結局、商品を購入して、期待していた未来が作れたのか、そうでないかということで判断されるのです。

スポンサードリンク


物を売るときには買う人の未来を想像する

ショップ店員が、どうですか?いいものですよ?などと話しかけてくることが多いです。

それは、なぜなのか?

商品を売ろうとする現れです。

お客は、自分が抱く未来を想像して購入しようとします。そこに、店員が現れて、興味もないものにどうですか?とか、商品の内容についていろいろと説明をはじめます。

ただ単に、見ているだけなのにいろいろと説明されると興味はをなくしますし、嫌気がさします。店員は売り込み行為が、非買運動になるということを理解しなくてはなりません。

店員が、お客様に声をかけるとすれば、「なにか、お困りなことはないですか?」と問うことが大切です。

店員が、どうですか?とか、とても良いものですよと言われても、お客は去っていくものなのです。

人は、売り込まれると購入意欲を失い、売り込まれないと購入する。

人は、買うのが大好きです。しかし、売りつけられようとすると途端に購入意欲を失うものなのです。

しかし、限定品であるとか、期間限定であるなどの表現をすると、とたんに購入してしまうという傾向が見られます。

人は、自分本位なのです。購入しようとしていなくとも、もし、将来購入しようとしたときに、今より値段が高くなってしまっては大変だとか、在庫がなくなってしまうと大変などという自分本位の考えがあります。

人は、購入することで特であるということを知りたい

人は、もの安く購入したいのです。近所のスーパーで、商品の価格が違うと、安い商品を探して購入する傾向にあります。

商品の質にこだわるのではなく、あくまで、同じ商品であると判断して、安い商品を購入します。

生活必需品であるほど、得なのか得でないのかという判断はされます。

一パック100円か101円の玉子でも差が出るのです。

目的のものが、卵であると、安いという理由で、そのスーパーに行きます。卵以外の商品が安くなくても、卵が安ければ、そのスーパーに行くのです。

人は、特であると思うことで、商品を購入します。

購入することで、特であると判断させる材料があれば、人は、商品を購入してくれるのです。

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*