最適な副業を見つける7つのポイントとは?

Pocket

副業を始めようとするとき、あなたはまず何を考えますか?

自分が好きなこと?収入が多いもの?簡単にできるもの?

たいてい、まずは、収入が多いかどうかから選ぶ傾向にありませんか?

次に選ぶ点は、自分にできるかどうかということではないでしょうか?

副業を選ぶときに、選び方を間違えると、結局続かなかったり、無理をして身体を壊してしまいかねません。

また、副業を将来の本業と考える場合も、副業の選び方が重要になってきます。

副業を選ぶ7つのポイントをご紹介します。

スポンサードリンク


1自分の興味・関心が高く親しみやすい

副業を選ぶ場合に、一番大切なことは、あなたが興味・関心があり親しみやすいことです。

例えば、パソコンの操作についてまったく興味がないのに、ネット系の副業を選んでしまったり、儲かりそうだからと言って、興味のない株式トレードやFXを始めるなどが考えられます。

少しでも、興味・関心があれば、難しくても自分なりに勉強したり、セミナーに通ったりと自己啓発に努めますが、まったく関心・興味のないものを副業に選んでしまうと、結局続かず、自分には副業が合わないと考えてしまい、やめてしまうこともあります。

副業を選ぶ場合は、必ずと言っていいほど、自分の興味・関心が高くさらに、親しみが持てるものを選びましょう。

2副業が本業と兼務しても影響がないこと

あなたが副業を始めるということは、本業があるということです。

本業に影響があるような副業を選んでしまい、結局本業、副業とも手につかなくなってしまっては本末転倒です。

本業は、あなたにとって一番の収入源です。将来は、今の本業を副業にしようと考えているかもしれませんが、今の段階では、本業に影響があるような副業は避けるべきです。

あくまで、本業をしっかりとこなして、すきま時間などを利用して副業を行うことをお勧めします。

3副業に時間と場所の自由があること

あなたの選んだ副業に、時間や場所の制約があり、本業に影響がある場合は、あなたが選んだ副業は避ける必要があります。

本業に影響のない、早朝、昼休み、アフターファイブにできる副業を選びましょう。

もし、あなたの選んだ副業が、決められた場所で行わなくてはならない場合、場所の制約があるだけでなく時間の制約も生じてしまいす。

なるべく、副業が時間と場所の自由があるものを選びましょう。

スポンサードリンク


4収益性が高く継続できるものであること

あなたが、副業を選ぶ目的は、本業以外に収入を得ることです。キャリアアップという目的の場合もあるでしょうが、収益性が高いことに越したことはありません。

ただし、収益性が高くても継続できない場合、その副業は避けましょう。いろいろな副業を短期間で行っても、キャリアとしてもなかなか身に付くものではありません。

あなたが継続できないという場合は、その副業は向いていないということなので早々にやめて、あなたに合う副業を見つけるようにしましょう。

5自分のキャリアが生かせる

副業に、自分のキャリア(経験)が生かせるのはとても強みになります。

あなたが、独立開業を目的としている場合は、開業に向けたスタート地点ともなりますし、副業する場合でも、高い収益性が見込めることになります。

あなたのキャリアが副業に活かせること以外にも、あなたが副業で得たノウハウが、キャリアとして本業に活かせることにもなります。

本業と副業の両方にWIN-WINの関係になれれば、総合効果で収入のアップが見込めることになります。

6休養をしっかりと取ることができる

本業と副業で収入をアップすることができても、身体を壊してしまってはものもこもありません。

あなたが、副業のおかげで収入アップすることは、家族が喜ぶかもしれません。でも、身体を壊して悲しむのも家族なのです。

無理をせず、適度な休養を取ることで、仕事の効率もアップします。休養しないと、仕事の効率も低下してしまいますので、休養することも大切な仕事の一つであると考えましょう。

適度な運動を取り入れる

休むだけでなく、適度な運動を取り入れることで、健康の維持につながります。もちろん、適度な運動はストレスの発散にもなります。週2~3回はジョギングやウォーキングを取り入れると効果的です。

7家族を大切にする

あなたは仕事が大切ですか?もちろん仕事は大切です。でも、仕事のために家族を犠牲にしていては、今はよくても、将来壊れてしまいかねません。

家族があってこそのあなたなのです。収入がアップすることは家族にとって大切なことです。

でも、お金さえ入れていればいいだろうという考えはよろしくありません。しっかりとコミュニケーションを取ることがとても大切です。

あなたは、しっかりと家族とコミュニケーションしていますか?

副業をしていない今でも、コミュニケーションが乏しいのであれば、まずはそこから始めることが大切です。

家族の力添えこそが、パワーの源になるのですから。

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*