書評 沈黙のWEBマーケティング

Pocket

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

ストーリー仕立てで、WEBマーケティングを学べるようになっています。WEB上で人気があったものを書籍化したものです。

主人公ボーン片桐がオーダー家具マツオカのWEBサイトを再生するためにやってくるという物語です。

最初は漫画なのか?と思って本書を手にしたのですが、あくまで、人物の吹き出しによる会話で物語が進行していきます。

ボーン片桐のパソコンは重量40kgととてつもなく重く、パソコンの起動できる時間がなんと10分なのです。

パソコンのキーボードを打っているときには、熱風を巻き起こすほどの熱気を帯びます。

読み始めは、なんじゃそれと突っ込みたくなるところがあるのですが、内容は、WEBマーケティングを行なっている方にはとても参考になるものばかりです。

設定は、オーダー家具マツオカですが、SEOを中心としたWEBマーケティングは、あなたに必要なマーケティングのプロセスを提供してくれます。

この本で、技術を学ぶことはできませんが、WEBマーケティングの本質を学ぶことができるように、ストーリーで説明してくれています。

現在のSEOの潮流はどうなっているのか、WEBデザインの本質とは何か、セールスレターの書き方、コンテンツの作成、ソーシャルメディアの使い方などがストーリーで説明され、さらに詳しい説明もつけてくれています。

読んでいて、なるほどと思える内容です。こう言ったものが良質なコンテンツなのだということを教えてくれます。

読み進めていくと、WEBマーケティングのことがすっと頭の中に入ってくる自分に気付くはずです。

特にすごいのは、ボーン片桐の行動が、桁外れなことです。なぜ?と突っ込みたくなる場面が多々ありますが、それはそれで、面白く読むことができます。

例えば、いつも重量40kgもあるパソコンを使っているため、ボーン片桐の握力は100kgあります。そのため、普通のパソコンのキーボードを打つと、衝撃で、自分の指を痛めてしまうのです。

面白く、何度でも簡単に読み返しができますが、WEBの分析方法などもしっかりと書かれています。

ぜひともWEBマーケティングを行うあなたには読んでいただきたい、書籍です。

アマゾンで確認する
沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*