ブログは稼ぐための記事を書くものではないという理由

Pocket

ブログを始めるきっかけは、何だったでしょうか?

自分の趣味をいろいろな人に知ってもらいたいということでしょうか?

アフィリエイトで稼ぐためでしょうか?

あなたはどんな理由でブログをはじめたのですか?

ブログを始めるきっかけはいろいろとあります。

では、ブログの読者であるあなたに質問です。

なぜ、あなたはブログを読んでいるのですか?

知りたいことを提供してくれているからですか?

書いている内容が面白いからですか?

たいていは、ブログを見ていておもしろかったり、良い情報を提供してくれるからだと思います。

ブログで、商品を売る気まんまんのブログなんて見ませんよね?

稼ごうとしたり、売ろうとしているブログというものは、あまり興味を示さないものです。

スポンサードリンク


ブログは稼ぐために記事を書くのではない?

人は、売られると購入意欲がなくなり、売られないと購入意欲が増すというなんとも天邪鬼な生き物です。

ブログは稼ぐためにあるのでは?

アフィリエイトをリンクをしないと、ものが売れないのでは?

商品を紹介する記事を書いて、レビューするから商品が売れるのでは?

そのとおりです。

ブログは、商品のレビュー記事を書いて購入を後押しすることで、稼ぐことが目的であるはずです。

中には、ブログを通じてコミュニティを作ったりすることが目的の場合もあるはずですが、その場合でも、自分という商品を紹介しているということになります。

「えっ?さっき、ブログは稼ぐために記事を書くのではありません!と言ったばかりではないですか?」

そうです。

ブログは稼ぐためにありますが、ブログは稼ぐために記事を書くものではないのです。

ブログは後で稼ぐために記事を書く

ブログを書く際に注意していただきたいのは、売るための商品ありきで記事を書かないでいただきたいということです。

売るための商品ありきで、稼ぐ気まんまんも記事というものは、読んでいて気持ちのよいものではありません。

あくまで、商品を紹介するときは、自然に商品を紹介できるようにしたいものです。

そのために、商品ありきで記事を書くのではなく、商品を紹介しないという前提で記事を書くことです。

あくまで、読者に良い情報を提供する、おもしろい情報を提供するなどの前提で記事を書いてください。

そうしないと、どうしても商品を売ることが前提になったブログの記事になってしまいがちです。

まずは、読者に良い情報を提供したり、こんなにいいもの見つけました程度にとどめておきましょう。

スポンサードリンク


売る商品を最初に探さない

売る商品を最初に探してしまうと、どうしてもその商品を売ろうとするブログ記事になってしまいます。

商品を考慮しつつ自然に商品を紹介できるほどの文章力がついているのであればいいのですが、なかなか難しいことですので、売る商品を最初に探さないことをおすすめします。

ブログの記事に後で記事をつぎ足す

ブログで、売ることを前提としない記事を書くことで、あなたは商品を売る目的でない記事を書くことができました。

重要なのはそのあとです。

ブログ記事を、しばらくそのままにしておきます。

アクセス解析などを使って、書いた記事のアクセス状況を確認します。

アクセスがあるようであれば、ブログ記事に興味を持ってくれた人がたくさんいるということ。

ブログ記事に興味を示してくれたということを確認したら、追加の記事を書きましょう。

追加の記事がカギ

アクセスがある記事を確認したら、追加の記事を書くわけですが、そこでも注意していただきたいことがあります。

あくまで、自然に商品を紹介するということ。

例えば、私が利用しているサイトはココです。

みたいに、あくまで会話しているように自然に商品を紹介するブログ記事を追加するのです。

商品を紹介する際は、あくまで自然に紹介するということを心がけてください。

いかがだったでしょうか?

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*