テーマ以外のブログ記事がアクセスアップになる理由とは?

Pocket

ブログは、テーマを決めたら、テーマに沿った記事を書くことが大切です。

しかし、毎回毎回テーマに沿った記事を書くのって、楽しいですか?

たまには横道にそれたブログ記事を書きたいと思ったことはありませんか?

わたしも、テーマに沿った記事をどんどんと書いています。

でも、たまには横道にそれてなんでもないブログ記事を書いてみたいと思うことがあります。

あなたは、どうですか?

ブログ記事が、横道やとんでもない道にそれたときが意外とファンやアクセスアップにつながることに気づきました。

えっ?そうなの?

そうなのです。

テーマ以外のブログ記事がファンやアクセスアップにつながる理由とはなんでしょうか?

スポンサードリンク


テーマ以外のブログ記事を入れることで読者を飽きさせない

テーマに沿ったブログ記事というものは、あくまでコンテンツの提供です。

あなたのブログに最初に行きついた読者は、自分がほしいと思うコンテンツを検索エンジンなどを使って検索した結果たどりついたのです。

自分の欲しい情報が得られると判断した読者は、いつでもあなたのブログにアクセスできるようにブックマークなどをして、いつでも訪問できるようにします。

ブログ記事が、毎日更新されていると、毎日アクセスしてくれますし、読んでもらえます。

でも、読者は、毎日テーマに沿ったブログ記事ばかりを見ていると、飽きてしまうことがあるのです。

飽きさせないために、テーマと全く関係のないブログ記事を書くことなのです。

テーマと関係のないブログ記事は何にすればいいのか?

テーマと関係ないブログ記事を何にすればいいのかと悩むことがあります。

わたしも、今までテーマに沿ったブログ記事を書いていて、まったく関係のない記事を書こうとしたとき、意外と書けませんでした。

なぜ書けなかったのか?

それは、いままでブログを読んでいただいている読者に、関係のない記事を書くことは失礼なのではないかと考えていましたし、何を書けばよいのかがわからなかったのです。

でも、それは、あくまで自分が見た視点であって、読者の視点に立っていないことに気づきました。

読者は、テーマに沿ったブログ記事以外に、あなたのことが知りたいのです。

あなたの考えたことやその日あった出来事でもいいのです。

おもしろいブログ記事に越したことはありませんが、あなたが感動したことや何気なく考えていることでもいいのです。

あなたにとって、どうでもいいことが、実はファンの共感を生むのです。

スポンサードリンク


テーマと関係のないブログ記事がないブログはおもしろくない

わたしがサイトを作っていた時に、読者に言われたことがあります。

「コラムがとても面白くってためになりますね。」と。

当時わたしは、株式投資のサイトを作っていました。

コラム以外は、堅苦しい内容で、お世辞にもおもしろいと思える代物ではありませんでした。

コラムは、あくまで、株式についての歴史やエピソードについて書いていただけで、株式投資で利益を上げるための内容ではなかったのです。

なるほど、読者は情報を求めながらも、意外なところでおもしろいと感じてくれているものなのだと気づいたのです。

テーマ以外のブログ記事がファンの心を揺さぶる

テーマ以外のブログ記事はとても大切な役割を果たしています。

テーマ以外のブログ記事というものは、書き手の人間性がとてもよくでます。

テーマに沿ったブログ記事というものは、良質なコンテンツとなりますが、書き手の人間性は見えにくいものです。

読者は、良いコンテンツを知りたいと思いつつも、共感を持てる人を探しているものなのです。

無理に、ファンの心を揺さぶるようなブログ記事を書く必要はありません。

あくまで、あなたが感じていること、体験したことを素直に書くことがファンの心を揺さぶる記事になるということを知っておいてください。

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*