人気の在宅ワーク WEBライターで失敗しないための方法

Pocket

流行りの在宅ワークとして、WEBライターが人気です。

最近では、クラウドソーシングでWEBライターの仕事を募集しています。

なんといっても、簡単に仕事が見つかり、すきま時間で仕事ができるということで、育児休業中の方や主婦の方に大人気です。

しかし、クラウドソーシングでのトラブルが増加傾向にあります。

例えば、

「依頼された記事が、なかなかOKをもらえず報酬をもらえなかった。」

「依頼された記事を送ったのに、報酬を払ってもらえない」

「依頼された仕事が納入日までにできなかった。」

「なかなか報酬をアップしてもらえない。」

「結局、記事を書くことができなかった。」

などです。

では、WEBライターとして失敗しないための方法とはなんでしょうか?

スポンサードリンク


WEBライターとして仕事をする

WEBライターとして、仕事をするには

・クラウドソーシングに登録してWEBライターの仕事を探す

・あなた自身でWEBライターの仕事を募集する

の2つがあります。

クラウドソーシングに登録してWEBライターの仕事を探す

クラウドソーシングで有名なところと言えば、

ランサーズ

日本最大級のクラウドソーシングサイト

クラウドワークス

各種メディアでも取り上げられることが多いクラウドソーシングサイト

シュフティ

主婦におすすめのクラウドソーシングサイト

REPO

ライティングがメインのクラウドソーシングサイト

です。

どのサイトも大差はありませんが、いろいろなサイトを登録しておいて仕事を探すという方法がおすすめです。

あなた自身でWEBライターの仕事を募集する

WEBライターの仕事は、クラウドソーシングサイトに登録することだけではありません。

あなたのブログやサイトの中で、WEBライターの仕事を募集しましょう。

メリット

報酬が高く設定できる

ブログ記事などを気に入っていただけた方からの依頼になりますので、ある程度の報酬は見込めるわけです。

あとは、交渉次第です。

デメリット

直接依頼を受けるということは、直接記事に対して責任を負うということです。

下手にコピペなどを使おうものなら、著作権法違反なんてことも考えられますので、十分注意して記事を書かないといけません。

まずは、クラウドソーシングサイトに登録して、WEBライターの仕事に慣れてきたら、あなた自身でWEBライターの仕事を募集するという形をとった方がよいでしょう。

アピールポイントを作っておく

クラウドソーシングサイトでWEBライターの仕事を依頼を受ける場合、あなたのことをアピールすることができれば最初から報酬をアップさせることが可能です。

ブログを1年から2年毎日更新しているなど依頼主がわかるような実績があればアピールになります。

ブログなどアピールポイントがない場合は、ある程度の実績を積んでから依頼を受けるようにしましょう。

文章が得意だからというだけでは、アピールにはなりません。

アピールポイントがない場合は、お試しで1記事安価で提供して、気に入ってもらえたら報酬をアップして次の依頼につなげるという方法もあります。

できるかぎり、アピールポイントは作っておくことをおすすめします。

安い報酬の依頼は受けない

クラウドソーシングサイトのWEBライターの仕事のほとんどが、1文字何円という依頼です。

1文字1円以上の仕事を受けるようにしましょう。

中には、1000文字で200円みたいな記事依頼があります。

1文字0.2円という計算です。

こういった依頼は、WEBライターに対する扱いがよいとは考えられませんので避けるようにしましょう。

中には、1記事1000文字で、2000円とか3000円という報酬で提示されていることがあります。

依頼内容としては魅力的ですが、専門的な知識が必要な場合がありますので、あなたの経験とよく照らし合わせて依頼を受けるようにしましょう。

記事が書けないからと言ってコピペは絶対しない

WEBライターの仕事を受けたけれども、実際のところまったく記事が書けない・・・。

でも、依頼を受けたからには記事を書かないといけない・・・。

他のサイトからの、引用どころか文章をそのままコピペしてしまう人がいるようです。

コピペは、絶対にやらないでください。

スポンサードリンク


クライアントのことをしっかりと確認しておく

WEBライターの仕事の依頼を受ける前に、できる限りクライアントのことは確認しておきましょう。

クライアントのプロフィールを見て、本人確認がされていることや口コミなどの評価があれば参考にしましょう。

クライアントとしっかりとコミュニケーションをとる

クライアントとのコミュニケーションをしっかりと取ることで、依頼内容の確認ができ、信用の確立につながります。

コミュニケーションをとらないと、依頼内容と異なる記事を書いてしまったために信用を無くしてしまう場合も考えられます。

さらに、クライアントとコミュニケーションをとることで、クライアントがどういった人なのかの判断も付きやすくなります。

できる限りクライアントとのコミュニケーションはとりましょう。

納品期日はしっかりと守る

WEBライターとして、依頼を受けたからにはしっかりと納品期日は守りましょう。

・納品期日が間に合わないような、無理な依頼は受けない

・最初は、記事数や文字数の少ない依頼をこなす

・ある程度できるようになったら、依頼を増やしていく

・報酬がいいからと言って、無理にとびつかない

これらのことをしっかりと守って、今後の依頼につなげていくことをおすすめします。

どうだったでしょうか?

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*