マズローの欲求5段階説はもう古いのか?

Pocket

マズローの欲求はもう古いと思われているところがあるように思えます。

最近は、アドラーの心理学が流行となっていて、マズローの欲求には否定的な考え方があるように思えます。

でも、マズローの欲求は、商品を売るときにはとても役に立つのではないかと考えています。

まずは、マズローの欲求とはなにかから見ていきましょう。


スポンサードリンク


マズローの欲求5段階説とは?

マズローの欲求5段階説を知らない人のために簡単に説明します。

マズローの欲求とは、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものです。

理論化したものというとなんだかめんどくさそうですが、それほどむつかしいものでもありません。

簡単に図に起こしてみました。

一番下の階層から、生理的欲求、安全の欲求、所属と愛の欲求(社会的欲求)、承認欲求、自己実現欲求となります。

最下層から説明していきます。

生理的欲求

生命を維持するために必要な、食事・睡眠・排泄といった人が生きるために絶対必要な欲求です。

普通に生活しているうえでは、まったく意識しないレベルの欲求です。

お腹がすいても、今の日本の生活水準であれば、絶対に欲しいと考えることはまれですよね。

このレベルの欲求が満たされていると、次の階層である安全の欲求が出現するということです。

ただし、想像してもらいたいので、極端なたとえ話をしてみましょう。

あなたは、今砂漠にいます。

周りには何もありません。

持っていた、水は全て飲んでしまい、今にもあなた自身が蒸発してしまいそうです。

今、あなたの目の前に、金塊と水があったとしましょう。

どちらかを選べと言われれば・・・当然水を選ぶでしょう。

この場面で、金塊を選ぶ人はいないはずです。

これが、生理的欲求です。

安全の欲求

安全に生きていくために、良い健康状態の維持、経済的安定の欲求、事故の防止などに対する欲求です。

安全な日本では、このような欲求を強く欲するひとは少ないはずです。

ただ、震災などが起こった場合には、この欲求が顕著に表れます。

ここまでの、生理的欲求と安全の欲求が物理的欲求と言われるものです。

生理的欲求と安全の欲求は、物理的なものが欲求を満たしてくれるというものです。

所属(社会)と愛の欲求

安全を手に入れたひとは、社会的役割にがあるという感覚が発生します。

所属しているという感覚や愛を求めるようになります。

他人と違うことをして嫌われないか、人とうまくやっていけるかなどがこの欲求に当たります。

他人の意見に左右されてしまったり、流行に流されるという行動がこれにあたります。

承認欲求

あなたが、価値ある存在であると認められたい、存在を知ってもらいたいという欲求です。

あなたが、何かを発信して多くの人に絡んでもらいたい、facebookやtwitterなどでいろいろな人に絡んでもらいたいと思うのはこの欲求です。

人は、いろいろな人に認められたいと思っているのです。

所属した会社で、先輩や上司に認めらたいというのもこの承認欲求です。

自己実現欲求

人は、生理的欲求、安全の欲求、所属(社会)と愛の欲求、承認欲求の4つが満たされても、自分が適していることをしていない限り満足できないというもの。

「自分が本当にしたいこと」を求めた欲求です。

あなたが、あるべき姿を求めるのは、この欲求によるものであるとされます。

スポンサードリンク


マズローの欲求5段階説はもう古い?

人の欲求は、マズローの欲求5段階説になるとわたしは考えています。

特に所属(社会)と愛の欲求が重要であると考えています。

人は、流行で盛り上がっているものには、乗っかりたいと思っていると思いませんか?

テレビで、何か紹介されて身体によいものだとされると爆発的に商品が売れて品薄な状態になったり、ちょっと人気が出た商品が売り切れで手に入らないことって多いのではないでしょうか?

こんなこと、よく起こりますよね?

これって、たくさんの人が持っていると、不安になって自分も購入しておかなければいけないと思う症状です。

持っているものでなくてもありますよね?

おもしろい番組やゲームがあるとやっておかないと流行に乗れないみたいなことです。

所属(社会)と愛の欲求を満たすために人は行動する

ひとは、おもしろいと思えるものに群がる性質があります。

おもしろいと思えるものは、twitterなどでもどんどん拡散されていきますよね?

あなたが、おもしろいと思ったものって、どんどん他の人に紹介したくなりませんか?

おもしろいものとは?

おもしろいものって、笑えるものだけですか?

読んでいて、感動したもの、納得したものもおもしろいと感じるはずです。

いい商品もおもしろいと思えるはずですよね?

おもしろいとは、興味があるということです。

要するに、interesting(興味)ですよね。

funny(笑い)ではないのです。

コンテンツはinteresting(興味)を中心に

コンテンツを作るときは、ひとが興味を引くような面白いものをつくることが大切です。

人が読んでいて、これおもしろいとおもえるコンテンツの提供を心がけていけば、どんどん拡散していきます。

まずは、おもしろいコンテンツの作成を心がけましょう。

いかがだったでしょうか?

スポンサードリンク

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*