人の感情を動かすコンテンツを作る方法とは?

Pocket

あなたが、何かのコンテンツをシェアする時ってどんなときですか?

人が、なにかのコンテンツをシェアしようとするときは、シェアする相手に何か認めてもらったり、絡んでもらいたいという欲求があるからこそ、何かのコンテンツをシェアしようとします。

いいものだから、知ってもらいたいということもあるでしょうが、知ってもらっても、なんの反応もないと嬉しくないものです。

人は、シェアをすることで、自分という存在を知ってもらい、いろいろな人に絡んでもらいたいという感情があるのです。

人にはどんな感情があるのでしょうか?

スポンサードリンク

人の感情は6つに分けることができる

喜ぶ

うれしい、楽しい、感動する、幸せに感じるなどうれしいと感じる感情

悲しむ

落胆する、後悔する、つらいと感じるなど悲しいと感じる感情

怒る

文句を言う、不快に感じるなど怒るといったイライラとした感情

恐怖・不安

心配、恐怖、不気味に感じるなど嫌だなと思う感情

嫌悪

嫉妬、憎しみなど嫌だと思う感情

驚き

びっくりする、感心する、ショックを受けるなど、今まで思ったこともないことに対する感情

人は痛みを伴わないコンテンツをシェアする

人は、楽しいとか嬉しいなどの快楽的なことをシェアしがちです。

要するに、自分が痛みを伴わないものであれば、それが誰かの痛みであっても自分の快楽になるのであればシェアをするということになります。

もちろん、おもしろいと思われるコンテンツの方がシェアしやすくなる傾向にはあります。

おもしろいと思われるコンテンツの共有

おもしろいと思われるコンテンツというものは、人が喜ぶと思われるコンテンツです。

たまに、人の不幸がおもしろいと考えてシェアする人もいますが、大半はシェアすることで他の人もおもしろいと思ってもらえるものをシェアします。

シェアすることで、感情を共有できて楽しい気分を味わいたいということが考えられます。

テレビなどでも、笑いや感動を意識しています。視聴者が痛みを感じるような構成にはなっていないはずです。

あなたが、提供したコンテンツをシェアしてもらうためには、相手側が痛みを感じないコンテンツ作りをすすめていくことが大切です。

スポンサードリンク

誰かを不幸にするコンテンツをつくってはいけない

おもしろいと思うコンテンツを勘違いしてはいけません。

誰かを笑いものにしたり、商品を悪者にするようなコンテンツは避けましょう。

誰かのことを悪く言ったり、笑いものにすると結局自分のところに帰ってきます。

皆が楽しいと思えるようなコンテンツ作りを考えることが大切です。

人を楽しませるのはとても難しい

人を楽しませるというのは、とても難しいことなのです。

お笑い芸人の方々は、馬鹿なことをいろいろとやっているように思えるかもしれませんが、いろいろと考えてお笑いを提供しています。

お笑いはとても高いスキルが必要になります。

あなたに、できることは、人を笑わすことなのではなく、興味を引くコンテンツの提供です。

例えば、ノウハウの提供であったり、知っているようで知らなさそうな情報を提供するということです。

シェアされやすいコンテンツ

シェアされるためには、シェアをする人のことを考える必要があります。

あなたが、言いたいことを言ったとしてもシェアされる可能性はかなり低いです。

人は、いろいろな人とコミュニケーションを取りたいのです。

コミュニケーションを取ることで、自分の欲求を満たそうとします。

まずは、どれだけ多くの人が自分のシェアしたコンテンツに対して興味をいだいてくれるかということ。

一番良いのは、社会的関心度の高いコンテンツを提供することです。

社会的関心度は、その時により変化します。

常に、トレンドを意識してコンテンツを提供してもよいのですが、あくまで一時的であることを意識しましょう。

社会的関心度が高く、かつ、満足度が高いコンテンツを提供することを心がけましょう。

満足度の高いコンテンツ

自己顕示欲(自分のことをいろいろな人に知ってもらいたいという欲求)を満たすコンテンツを提供することです。

質の良いコンテンツ

質の良いコンテンツを知っているということを、他の人に知ってもらうことで自分のことを知ってもらうきっかけになります。

希少性

あまり知られていないけれども、とても質の高いコンテンツ

権威的

有名な人が書いているコンテンツなどです。

専門性

詳しく書かれているコンテンツです。どこよりも詳しく書かれているコンテンツであれば、シェアされる可能性は高くなります。

主役になれるコンテンツ

シェアすることで、相手も主役になれるコンテンツはシェアされやすくなります。例えば、占いなどがそれにあたります。

まとめ型コンテンツ

まとめ型コンテンツといういうものは、最近とても流行の傾向があります。

まとめることで、相手側にとってとても有益な情報になるというメリットがあります。

ただし、まとめる情報が不確かな場合も多く主観的になりやすいというデメリットもあります。

あくまで、客観的な情報をもとに作成することをおすすめします。

笑えるコンテンツ

最近はやりなのが、「○○をやってみた」みたいなコンテンツです。

ユーチューバーなどでも流行の傾向です。

やってみたいけれども、なかなか自分ではできないことや、疑問に思っていることを実際に体験して提供するコンテンツです。

社会的関心度の高いコンテンツ

社会的関心度とは、多くのひとがどれだけ関心を持っているかということです。

人の三大欲求「食欲・性欲・睡眠欲」、「衣・食・住」といった、生活に関するジャンルが社会的関心度の高いコンテンツになり、ひとの興味を引きやすくなります。

社会的認知度の高いコンテンツ

芸能人などの有名人やマンガ、映画なども社会的認知度の高いコンテンツになります。

社会的認知度の高いキーワードは検索されやすく、注目されやすくなります。

いかがだったでしょうか?

スポンサードリンク

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*