SEOを意識したコンテンツをつくるためのヒントとは?

Pocket

SEO対策という言葉は、当たり前のように言われるようになりました。

SEOのことを知らない人のために、簡単に説明します。

どんな良質なコンテンツをつくったとしても、SEOを意識しておくことはとても大切なのです。

スポンサードリンク

SEOとは?

SEOとは?(Search Engine Optimization)の略です。

で?と思われるかもしれないのでもっと簡単にします。

Search Engine とは、検索エンジンのことです。

yahooとかgoogleの検索するところに、検索したい文字を入れたら、検索結果が表示されますよね?

それが、検索エンジンです。

まあ、そういうものだと思っていただければいいです。

Optimizationとは、最適化という意味です。

つなげると、検索エンジン最適化ということになります。

検索エンジンを最適化するの?みたいな疑問がわきそうですが、SEO対策とは、WEBサイトを検索エンジンに検索されやすいように構築するということです。

検索サイトで、調べたい文字を入力しますよね?

その結果、入力した文字に関するWEBサイトが上位に表示されます。

入力する文字のことを、キーワードと呼びます。

この、キーワードを想定して、WEBサイトを構築するすることが、SEO対策だと言われてきたのです。

過去形?

そうです。

全て過去というわけではなく、ある程度過去になったといったほうがいいかもしれません。

最近では、SEO対策を考えるあまり、キーワードをたくさんちりばめて、意味の解らないコンテンツを提供するWEBサイトが増えてきています。

検索エンジンは、googleがいろいろと考えて、質の良いコンテンツを目指すと言っています。

yahooの検索エンジンは、googleと同じものを使っていますので、検索エンジンはgoogleがつくっていると考えてよいでしょう。(日本の場合です)

キーワードだけでは、SEO対策にならなくなってきているのです。

スポンサードリンク

検索エンジンは検索意図を推測している

今の検索エンジンは、人がどういったものを検索しようとしているのか推測して検索結果を表示しています。

ためしに、適当に検索エンジンにいくつかキーワードとなる言葉を入力してみてください。

おもしろい結果になりますよ。

Google が掲げる 10 の事実

Googleが掲げる10の事実というものがあります。

知らない人は、ぜひ読んでおくことをお勧めします。

抜粋して、1を紹介します。

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。引用元:Google が掲げる 10 の事実 -Google会社情報

ユーザーに焦点を絞れば、他のものは後からついてくる。

とても重要な言葉です。

伝えることが重要なのではなく、ユーザーの視点になって考えることで、結果などは後からついてくるということなのです。

これは、商売をやっていると当り前のことなのです。

それを、googleも目指しているということなのです。

googleがこの言葉通りに設計されているのか?

googleが、検索エンジンをどのように設計しているのかはわかりません。

しかし、googleも企業です。

企業であるということは、利益を上げなければなりません。

無料で、検索エンジンを提供しているわけではないのです。

googleの、収益源は広告です。

googleが広告を表示させるためには、googleを使ってもらう人を増やす必要があります。

そのために、googleは使う人の利便性を考えてより検索エンジンに力を入れているというわけです。

うその言葉を掲げていては、人は信用しませんし、利用しなくなるのですから。

SEOを成功させるためには?

SEOを成功させるためには、検索エンジンを利用するユーザーの意図を満たすコンテンツをつくることです。

重要視すべき3つのヒント

専門性

検索するユーザーは、情報を求めています。

提供する側の情報が、専門性が高ければ高いほど信用は高くなります。

網羅性

ユーザーが求めるのは、どの程度網羅されているのかということです。

ユーザーが求める情報の一部しか掲載されていないコンテンツはよくありません。

できるかぎり、ユーザーが求める情報を網羅する必要があります。

信頼性

信頼できる情報なのかということです。

信頼できる情報であるということを売らずける方法として、根拠の文書などをリンクすると良いでしょう。

どこかの、研究結果などをリンクすると、そのサイトの信頼性は増します。

しっかりとした、根拠をもとに掲載されているWEBサイトは、信頼されやすくなります。

どうだったでしょうか?

スポンサードリンク

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*