SEOを意識したWEBライティングが必要な理由とは?

Pocket

SEO(Search Engine Optimization)を意識した、WEBライティングはなぜ必要なのでしょうか?

アクセス数を増やす目的であれば、twitterやfacebookなどのSNSから、あなたのWEBサイトに来てもらうという方法があります。

ただ、twitterやfacebookは、見ている人がほしいという情報を提供する場所ではないのです。

あなたが、何かを調べたいと思ったら、twitterやfacebookを使いますか?

たいていは、yahooやgoogleなどの検索エンジンを使うはずです。

twitterやfacebookは、あくまで、共有したことに反応を求める場所です。

あなたのことを発信することよりも、誰かの発信について共感をしていくことを意識することで、あなたの発信に対して反応してくれやすくなります。

twitterやfacebookなどのSNSで大切なのは、誰かの発信に対して反応してあげることです。

あなたのことをたくさん発信する場所ではないのです。

では、twitterやfacebookよりも、検索エンジン経由のアクセスの方が優れていることとは何でしょうか?

スポンサードリンク


コンテンツを求めている人を集めやすい

検索エンジンを使ってサイトにたどり着いた人というものは、何かについての回答を求めていることが多いのです。

例えば、「美肌、サプリメント」というキーワードで検索してきた人というのは、「美肌をサプリメントで簡単に手に入れる方法」を知りたいと考えますし、「健康、サプリメント」というキーワードで検索する人は、「健康をサプリメントで手に入れる方法」を知りたいと考えているわけです。

こういった、キーワードで集めた人というのは、欲しいという欲求が高いため購入などにつながりやすいという人たちなのです。

しかし、twitterやfacebookなどのSNSで集めた人というのは、特に興味がなくてもどんなものなのかとみる程度の人が多く、購入につなげるのはむつかしくなります。

SNSで集めるより検索エンジンで集客を試みることがより購入意欲の濃い人を集めやすいのです。

継続して存在することが大切

twitterやfacebookというものは、あくまで時系列で表示されていて、いつまでもあなたの前に存在することは無いのです。

アップした直近は、人に見られることは多いのですが、すぐにみられることがなくなってしまうのです。

いつまでも、存在しているというものではないと理解しておきましょう。

検索エンジンで検索されるものというものは、コンテンツの新しいか古いかで検索されるものではありません。

検索するユーザーがどういったコンテンツを求めているのかという視点で表示されるからです。

1年前以上に公開された情報であっても、検索するユーザーがいる限り表示されるということです。

スポンサードリンク


Googleから評価されるWEBコンテンツとは?

googleで、SEOを成功させるためにはgoogleからの評価されるにはどうすればいいのかということをまず考えなくてはいけません。

品質に関するガイドライン

基本方針

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

  引用:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

この、基本方針をみると、いかにgoogleがユーザーのことを大切に考えているのかということがよくわかります。

あなたのWEBサイトで行っていることを、実際の店舗で商品を販売する場合に同じことをするのかということを言っています。

実際の店舗では、お客様の顔が見えます。

お客様の顔が見えるため、しっかりとした対応が求められます。

WEBサイトでは、お客様の顔は見えにくいものです。

お客様の顔が見えなくても、しっかりとした対応が求められているのだということなのです。

Goolgeがユーザーの利便性を最優先にする理由

googleがユーザーの利便性を最優先にする理由の大前提が、googleの広告収入を増加させることです。

googleが、広告収入を増加させるためにはgoogleを使ってもらわないといけません。

googleを使ってもらうためには、googleが便利であるということをユーザーに認識してもらわなくてはいけないのです。

googleが便利であるためには、良質なコンテンツを用意してユーザーに検索してもらうことなのです。

そのため、googleでは、良質なコンテンツの提供を行っているサイトを上位に表示させることで、ユーザーの利便性を最優先にしているわけです。

ユーザーにとっても利便性が高いコンテンツとはどんなものなのか?

検索ユーザーにとって利便性が高いということは、検索ユーザーにとって問題を解決してくれるコンテンツです。

最近では、人に聞くよりも、ググるという方が多いのではないのでしょうか?

物事についてよく知っている人が周りにいる場合は、その人に聞いた方がよいのでしょうが、そういった場合はあまり多くはないはずです。

そのために、人は検索エンジンを使って回答を求めるのです。

ユーザーの検索意図を意識してコンテンツをつくる

ユーザーにとって利便性の高いコンテンツをつくるためには、ユーザーの検索意図を意識してコンテンツをつくる必要があります。

どれだけ、すごいコンテンツを提供したとしても、ユーザーの検索意図を考慮していないコンテンツは、検索結果で上位に表示されないことがあるからです。

検索意図の情報をできるかぎり集めて、掲載するべき情報とそうでない情報を切り分けましょう。

情報が多すぎるとユーザーにとって、わかりにくいと判断されてしまいがちです。

さらに、情報が多すぎて読みにくいということも考えられます。

不必要な情報はできるだけ捨てて、ユーザーにとって必要な情報を選択し、コンテンツをつくるということを意識しましょう。

いかがだったでしょうか?

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*