独自の強みを活かすためのコンテンツをつくる方法とは?

Pocket

商品を売ろうとすると、独自の強みを生かして商品をアピールする必要がありますよね?

あなたの商品の強みってなんですか?

独自の強みというものは、比較できないものである必要があります。

比較できるものであれば、独自の強みにはなりません。

まずは、独自の強みを探すことからはじめましょう。

スポンサードリンク


独自の強みを考える際のポイント

独自の強みを考えるときは、

  • 真似されにくいものであること
  • 同じ土俵で戦わないこと

この2点を考える必要があります。

真似されにくいものであること

有名企業で見ると、グーグルです。

検索エンジンを提供しているグーグルは他の参入を許さないほど強固な検索エンジンを気づいています。

日本では、ヤフーの検索エンジンがありますが、ヤフーはグーグルの検索エンジンの技術を使っているのです。

あくまで、ヤフーはグーグルの検索エンジンの技術を使っているだけで、検索結果がまったく同じというわけではありません。

まあ、ほとんど同じなのですが、ヤフーの検索結果にはヤフーの広告が表示されるということです。

中小企業や個人には真似されにくいものを提供することができないのか?

小さな企業や個人で、真似されにくいものを提供できないのではないかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

例えば、他の人や企業を行っていることの反対をするという方法もあります。

競合する人や企業が、比較をどんどんと提供している場合には、比較できないようなオリジナルなサービスを提供するなどがあります。

弱みを強みに変えることが実は真似されにくいものになる

弱みを知ることで、強みに変えることができます。

勝ち抜くための方法 それはあなたの弱みを知ること

でも紹介していますが、弱みを知ることが実は強みに代わるのです。

それこそが、真似されにくいものである場合が多いのです。

同じ土俵で戦わないこと

マンガ喫茶がいい例ではないでしょうか?

もともとマンガ喫茶は、マンガを読むことができる喫茶店でした。

飲料だけを提供しているだけでは、他の企業に勝てないため食事も提供することを考えたのですが・・・。

これでは、飲料に食事がついた程度で同じ土俵です。

では、マンガ喫茶に、シャワー、寝ることのできるソファー、寝袋の貸し出しなどのサービスを提供するとどうなりますか?

マンガ喫茶の土俵を超えて、土俵が宿泊施設になるのです。

それも、宿泊施設に比べてかなり安価で提供できます。

土俵を変えるということは、まったく違うサービスの場所に移動するということです。

競合がたくさんいる土俵では、なかなか利益が上げられなかったものが、土俵を変えることで、利益が上がるということがあるのです。

スポンサードリンク


独自の強みがハッキリわかれば成功しやすくなる。

独自の強みがわかれば、他との比較のポイントが明確になります。

明確になることで、ユーザーが商品やサービスを選びやすくなるのです。

さらにすごいことに、独自の強みがあるところにはメディアが紹介してくれるようになります。

WEB上で紹介されやすくなりますし、テレビなどのマスメディアでも紹介されやすくなるのです。

独自の強みがわかれば、焦点がブレなくなる。

いろいろなものを提供していると、焦点がわからなくなることがあります。

あなたの強みを焦点に当てておけば、それからブレてしまうことを避けることができるだけでなく、ユーザーからも選んでもらえ、シェアしてもらえるというメリットがあります。

有用性やツールとして役立っているか?

ネットでユーザーが求めているのは回答です。

ユーザーが商品を購入する場合、どのように商品を選べばいいのか?

どの商品がいいのか?

そういった回答を求めてネットで検索するのです。

極端に言えば、この商品がいいですよという紹介があればいいのです。

例えば、ユーザーレビューが商品購入に役立っています。

レビューがない商品というものは、あまり売れ行きがよくありません。

レビューがあれば、レビューがない商品に比べて売れ行きがよくなります。

ただし、さくらを使って、商品レビューを作成することは絶対にやってはいけません。

商品を売るために、レビューを販売している会社に依頼して、レビューを書いてもらう方法がありますが、本当のユーザーからの評価ではないため、確実にユーザーにばれてしまいます。

自然にユーザーからのレビューを受けるようにしましょう。

独自の強みを活かすコンテンツを作る

独自の強みが理解できたならば

  • ユーザーが知りたい情報を提供しているか?
  • ユーザーの疑問や悩みに先回りして解決しているか?
  • ユーザーが知りたい情報にアクセスしやすいか?
  • ユーザーが信頼できるWEBサイトか?
  • ユーザーが見やすいサイトであるか?
  • 新しい情報であるか?

ということを考えて、コンテンツを作る必要があります。

ユーザーが知りたい情報を提供しているか?

ユーザーが、知りたいと思われる情報を、できるかぎり提供しましょう。

他のサイトに移動しないとわからないような状態では、ユーザーが知りたい情報を提供しているとは言えません。

ユーザーが知りたいと思える情報を想定して、情報を提供するようにコンテンツを作り込みましょう。

ユーザーの疑問や悩みに先回りして解決しているか?

ユーザーが疑問や悩みを想定して、Q&Aなどで解決できるようにしましょう。

疑問に思われることは仕方のないことですが、できる限り疑問や悩みを解決できるようにしておくことが大切です。

ユーザーが知りたい情報にアクセスしやすいか?

ユーザーが知りたいと思える場所に、適切にリンクを貼っておきましょう。

サイト内に、サイトマップを設置しておくことも効果的です。

ユーザーが迷うことなく、サイト内を移動できることが理想です。

ユーザーが、関係する場所に移動できるように誘導できるように、ページ内リンクを作成することも考慮して作成しましょう。

ユーザーが信頼できるWEBサイトか?

ユーザーが信頼できるWEBサイトを作る場合には、できる限り根拠となるものを提供しましょう。

あなたが、作ったサイト内だけでの根拠では信頼性に欠けます。

他のサイトで、研究データや根拠となるものがあるのであればリンクを貼って提供しましょう。

根拠となる情報を提供することで、あなたのWEBサイトをより信頼させる効果があるのです。

ユーザーが見やすいサイトであるか?

だらだらと文章を書いているだけでは、とても見にくいものになります。

本と違って、WEBサイトというものは、読みにくいものです。

行間を開ける、適切な場所に写真などを挿入するなど、ユーザーが見やすいように適切に配置しましょう。

特に、文章については、行間を適切に開けることは大切です。

できる限り「。」で改行したり、3行程度で改行するなどユーザーが読みやすい文章にすることです。

まずは、ユーザーにとって見やすいことを想定しましょう。

新しい情報であるか?

たとえ情報が豊富であっても、情報が最新な情報でなければ信用に欠けます。

ユーザーにとって、最新情報であるということは、信頼されるWEBサイトということになります。

普段から、最新情報には気を付けるようにしましょう。

以前書いた記事が、最新情報と合わなくなった場合は、すみやかに情報を更新するように努めてください。

いかがだったでしょうか?

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*