コンテンツを読んでもらうための論理的思考とは?

Pocket

ブログなどで、コンテンツを書くときには読者の視点に立つことが大切です。

しかし、その道のプロが書いているのに、書いていることがよくわからないと感じることってありませんか?

専門家であればあるほど、その道のことを詳しく知っているがために、一般読者のことを考えずに記事を書いてしまうことがよくあるのです。

それはなぜなのか?

専門家は、専門家にたいして情報を発信してしまっているからなのです。

そのため、一般読者にとって、難解な記事になってしまうのです。

論理的思考を身に着けることで、コンテンツを読んでもらいやすくなるのです。

スポンサードリンク


誰に対して記事を書いているのか?

専門家が専門家に対して記事を書いているのであれば、専門用語のキーワードをねらった方がアクセスが良くなります。

一般読者に対して記事を書くのに、専門用語でアクセスをねらってもまず検索されることすらありません。

ターゲットが誰なのか、何を求めているのか考える

コンテンツを作る前に、ターゲットが誰なのかということを考える必要があります。

ターゲットを考えることで、コンテンツをどのように作っていけばいいのかがわかるようになります。

ターゲットを考えたコンテンツの作り方として、

  1. ターゲットが誰なのかを考える。
  2. ターゲットはどういったキーワードで検索するのか?
  3. キーワードを検索することでどういったコンテンツを求めているのか?
  4. コンテンツがターゲットが求めている内容とズレていないかを考える。

ターゲットを決めずにコンテンツを作ると、結局あなたが言いたいことだけを伝えて終わってしまいます。

読者目線で、コンテンツを作ることが大切です。

ターゲットによって、求められる情報をかみ砕く

専門家に対してコンテンツを作っているのに、細かい解説などを入れてしまうと、だらだらと長い文章が続いてしまい、読みづらくなってしまいます。

コンテンツは細かくかみ砕けば良いというものではありません。

ターゲットがどの程度のコンテンツを求めているのか、コンテンツをどの程度かみ砕けばいいのかを考えましょう。

できれば、ターゲットがわからない言葉・知識などが出てこないコンテンツを作ることで、他のサイトに移動するということが少なくなりますし、滞在時間を長くしてもらえる効果があります。

情報・知識をかみ砕くとき、因数分解すると論理的になる

情報・知識をかみ砕くといっても、どのようにかみ砕けばよいのか、わかりにくいものです。

情報・知識を因数分解する方法として

  • 大きい情報・知識を小さく分類する
  • あいまいな表現を具体化する
  • 情報・知識の原因を探る
  • そもそもどういったものなのかを考える
  • 「なぜ?」を繰り返して、情報を掘り下げる。
  • 因数分解することで、情報・知識の見方が変わり、気づきを得ることができる。

スポンサードリンク


説得するというより、納得してもらう

説得とは、あなたが相手を説き伏せること。

納得とは、相手自身があなたの考えや行動を理解することです。

人は、納得すると動きますが、説得されてもなかなか動かないものです。

論理的思考を鍛える方法

論理的思考を鍛えるためには、

  • 分析する癖をつける
  • 考える癖をつけること

です。

具体的に、次のことを行うと論理的思考はグッとあがります。

  • プレゼン(ディスカッション、ディベート)を行う
  • 本を読む

プレゼン(ディスカッション、ディベート)を行う

論理的思考を必要とする場面と言えば、「プレゼン」です。

プレゼンには、あなたの主張を相手に伝わるために論理的に説明することが求められます。

論理的に説明するには、しっかりした分析をし、考えなければプレゼンはできません。

さらに欲を言えば、長いプレゼンを行うことで、相手の集中力を維持させつつ主張を伝えるスキルが身に付きます。

ディスカッションやディベートも同様のことが言えます。

本を読む

最近では、ネットで情報が流れているため、本を読むことが少なくなっている傾向にあります。

本を読むことで、論理に触れることができます。

論理に触れることで、色々な視点を養うことができますし、コンテンツを作るための情報収集にもなります。

欲を言えば、長文の論理で書かれている本を読むことをおすすめします。

長文の本の方が、論理に一貫性があるからです。

ぜひ、本を読む習慣を身に着けてください。

論理的思考は結論から述べる

結論から述べることで、読者は「どうしてそうなるのか?」という理由を知りたくなるのです。

さらに、結論を知っておくことで、読者が理解しやすくなるというメリットもあります。

WEB文章は結論からを徹底する

WEBでは、ほとんどの読者が、そのコンテンツに自分のほしい情報があるかどうかをすぐに知ろうとします。

何が書かれているかわからないコンテンツの場合、すぐに離脱してしまう可能性が高くなります。

WEBで文章を書く場合には、結論から書くことを徹底しましょう。

論理的な文章は3つの構成

論理的な文章の構成は、

  1. 結論(主張)
  2. 理由
  3. 事実(根拠)

の3つから構成されます。

この順番通りの構成で文章を書くことで、論理的な文章になります。

ワンランク上の論理的な文章

  1. 結論(主張)
  2. 反論
  3. 論破(再反論)
  4. 結論(主張)

という論理的な構成です。

コンテンツに、反論と論破を入れることで、読者は納得しやすくなります。

事実(根拠)を述べるときには、信頼できる場所からのデータを参考にするか、引用するようにしてください。

いかがだったでしょうか?

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*