明日からでも読んでもらえるWEB文章の書き方とは?

Pocket

WEBで、文章を書く場合ライティングの技術は必要不可欠ですよね?

サイトやブログでどれだけ集客できるはライティングの技術にかかってきます。

ライティングの技術は、書けば書くほど上達していくものなのですが、ただ単に書いているだけでは上達するのに時間がかかります。

時間をかけずにライティングの技術を向上するには、どういったことを意識して書くかということがとても大切です。

より多くの読者に「読んでもらうための文章」の技術とはどういったどういったものなのでしょうか?


スポンサードリンク


読みたくなるような記事タイトルをつける

読みたくなるような記事タイトルをつけたいと思うのは当然です。

しかし、読みたくなるような記事タイトルつける方法というものを知らないとなかなか思い浮かばないものです。

次の3点に注意してタイトルを決めると、読んでもらえる可能性が高くなります。

  • 読者にとって「メリット」を訴えるタイトル:「○○する方法」「○○することで簡単に○○できる方法」「すぐに○○できるための法則」など、読者に対してメリットを伝える。
  • 最新のトレンドであることを訴えるタイトル:読者は最新のトレンドには弱いものです。「○○に、○○が発売になります。」「あの○○から新商品発表」「あの○○が、ついに○○を商品化」など、ニュース性が高いものが読者の興味を惹きます。
  • 読者の興味を刺激する:読者が体験したくてもできないようなタイトルをつけると興味を刺激します。「○○に潜入してみた。」「○○と接触してみた。」など、読者がやってみたいけれども、読者自身がやるのはちょっとと思えることを記事にすると読んでもらいやすくなります。

読んでもらえるため記事の書き出し

記事の書き出しは、読者に読んでもらえるかどうか大切な部分です。

この部分で、興味を惹くことができなければ、そのあとの記事を読んでもらうことはできません。

次の3点に注意して、書き出しを考えると、引き続き読んでもらえる可能性が高くなります。

  • 問題提起をする:読者が抱えているであろう問題を提起することで、読んでもらいやすくなります。「○○についてお困りではありませんか?」「いくつもの○○を試してきたけれども成果がでないと感じていませんか?」など、読者の悩みを解決するような書き出しであったり、共感を得られるような書き出しを意識する。
  • 結論から書きはじめる:「結論」からはじめることで、読者はどうしてそういう結論になるのだろうか?という疑問をもちます。疑問を持つことで、読者は理由を知りたくなるのです。
  • 結果を明示する:「たった、1週間で1kg痩せることができました。」「1か月で、集客率が30%もアップしました」など、結果を明示することで読者はその理由を知りたくなります。できるだけ、数字を入れることでリアルな表現になります。

スポンサードリンク


読みやすい文章は、リズムが大切

文章を書くということは、音楽と同じです。

リズムの悪い音楽は、聴いても違和感があります。

文章も同じで、リズムが悪いと読みにくくなるものです。

文章は長くなりすぎないこと

音楽は必ず休むために休止符があります。

文章にも同じことが言えます。

あまりにも長い文章というものは、読者の読む気をなくしてしまいます。

いいところで、読み手が息をつくことができるように、改行や行間を作りましょう。

文章を書いた後で、声に出すと読みやすいかどうかということがよくわかります。

ぜひ、声に出して読むことを実践してみてください。

記事の最後には、結論とオファーを入れる

記事の最後は、読者にアクションを起こしてもらうとても重要な場所です。

記事の内容をまとめ、結局どのような結果が得られるのかを最後に伝えるのです。

まとめの文章は長すぎないように収めましょう。

長くても、15行から20行が理想です。

いかがだったでしょうか?

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*