キーワードは1記事1キーワードが基本な理由とは?

Pocket

記事に書く、キーワードってどれくらい必要なの?

そういった質問がたくさんありますが・・・。

キーワードは、1記事1キーワードです。

キーワードと言っても、「キーワード」というような、単語がキーワードのひとつというわけではなく「キーワード 検索 ボリューム」というように、複数の単語を組合わせる、複合キーワードも1キーワードです。

なぜ、1記事1キーワードなのか?

それは、SEO対策です・・・というのも理由のひとつですが、本当は、記事を書いていくうえで文章が脱線しないためです。

1記事1キーワードを守らないと、記事の内容がバラバラになってしまいます。

1記事の中に、あれも言いたい、これも言いたいと書き込んでいると、伝える側であるあなたはいいのですが、読者は何がいいたいのかさっぱりわからないということになり、SEO対策に問題が出てきてしまうということになります。

さらに詳しく1記事1キーワードを見ていきましょう。

スポンサードリンク

1記事1キーワードで書く

1記事1キーワードで書くことが基本です。

先ほども言いましたが、1記事1キーワードを守らないと何が言いたいのかわからない文章構成になってしまいます。

言いたいことが、たくさんあるのであれば、複数の記事に分けて読者に伝えましょう。

1記事の文字数はどれくらいがいいの?

1記事1000文字~2000文字程度が良いとされています。

それは、質の良いコンテンツを提供するためには、それなりの文章量になってくるからなのです。

Googleが何文字以上を推進しているわけではありませんが、質の良いコンテンツの提供は目指しています。

長い文章にはライティング力が求められる

1000文字以上と言えば、原稿用紙2枚半程度の文章です。

普段から文章を書きなれていない人が、原稿用紙2枚以上書くのはむつかしいものです。

文章を書きなれていない人は、少なくとも1記事1キーワードで500文字以上書けるようになりましょう。

500文字だと、原稿用紙1枚とちょっとです。

原稿用紙1枚は、400文字ですのでわかりやすいと思います。

スポンサードリンク

1記事にキーワードはどれくらい入れればいいのか?

キーワードを決めたら、記事の中にもキーワードをちりばめる必要があります。

記事の中にどれくらいの頻度でキーワードを入れればいいのかと言いますと・・・約1%程度です。

500文字の記事であれば、キーワードは5~6個ということになります。

ハッキリ言って、500文字の記事にキーワードが5~6個もあれば、質の低いコンテンツになってしまいます。

なぜなら、500文字の記事にキーワードが5個もあれば、かなり読みにくい文章になってしまうからです。

3000~5000文字の記事を書くのであれば、それほどキーワードに気を使う必要はありません。

これだけの、文章量になれば、自然とキーワードが挿入されるからです。

しかし、3000~5000文字の記事を書くのには、それなりのライティングの技術が要求されます。

まずはキーワードを気にせず記事を書く

記事を書くときには、キーワードを気にせず記事を書くことが大切です。

キーワードにこだわっていると、意味の通らない文章になってしまうからです。

キーワードは、あくまで記事を書くときに、脱線しない程度に気にして記事を書きましょう。

記事の作成が終わってからキーワードを入れる。

記事の作成が終わったら、キーワードをちりばめていきましょう。

記事を書く段階で、キーワードを気にしすぎれば意味の通らない文章になってしまいますが、文章を書き終わった後でキーワードを入れると、意味が通った記事になるからです。

最初に、キーワードありきで文章を作成しないということです。

どのようにキーワードを入れていくか?

記事の作成が終わっても、不自然にキーワードを入れてしまっては意味がありません。

「これ」「あれ」「それ」などの「こそあど」言葉をキーワードに入れ替えましょう。

こういった言葉を入れ替えることで、不自然なキーワードの挿入を阻止することができます。

キーワードは略してはいけない

決めたキーワードを略してはいけません。

あくまで、キーワードを検索の結果として望んでいるのですから、記事内のキーワードを略すことはおすすめしません。

略すのであれば、最初から略したキーワードを想定する必要があります。

複合キーワードはできる限り近づける

複合のキーワードを離して書くと、検索エンジンに別物として取り扱われてしまう危険があります。

1文章内にできる限り近づけて書くように気を付けましょう。

ただし、不自然な文章になることだけは避けましょう。

まとめ

  • キーワードは、1記事1キーワードで作成する。
  • キーワードは、文字数の1%程度にする。
  • 記事の作成が終わってからキーワードを入れる
  • キーワードは略さない
  • 複合キーワードはできる限り近づける

以上のことを守ることで、読者にとって質の良いコンテンツの提供につながりますし、検索エンジンから見ても良質なコンテンツであると認識されやすいのです。

いかがだったでしょうか?

スポンサードリンク

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*