見出しタグ(h1~h6)の使い方が大切な理由

Pocket

ブログやサイトなどのコンテンツを作り始めたばかりの人は、見出しタグの使い方を知らずに、デザイン的になんだか良さそうだからと言ってバラバラに使用してしまう人が大半です。

そういう私もコンテンツを作り始めたころ、見出しタグというものを知らずに、大きさがちょうどよいからと言って使っていた記憶があります。

見出しタグは、内部SEO対策でとても重要な役割を果たしています。

見出しタグをバラバラに配置してしまうと、検索エンジンから適切に評価してもらえなくなることはもちろんのこと、読者にとっても読みにくく、わかりにくい文章になってしまうのです。

見出しタグはとても大切です。

スルーせずしっかりと身に着けていただきたいものです。

スポンサードリンク


見出しタグとは?

見出しタグは、コンテンツの構成を検索エンジンや読者に正しく伝えるために使用する技術です。

見出しタグには、h1~h6まであります。

使い方は、<h(数字)>テキスト</h(数字)>です。

数字が小さいほど、大きな見出しということになり、重要度が上がります。

さらに、見出しタグで囲まれたテキストは、通常のテキストより大きく表示されるため、読者にも読みやすくすることができるのです。

見出しタグのルール

見出しタグには順番があります。

h1→h2→・・・→h6という順番です。

  • h1:大見出し
  • h2:中見出し
  • h3:小見出し
  • h4:h3の見出し
  • h5:h4の見出し
  • h6:h5の見出し

h2を使ったら、h2に関係する小見出しとしてh3を使用しましょう。

h2の小見出しとして、h1を使うような構成はNGですので注意しましょう。

スポンサードリンク


見出しタグを見た目で使わない

見出しタグは、通常のテキストより大きく表示されます。

大きさが、ちょうどいいからといって、文章の途中で見出しタグを使ってはいけません。

文章の途中で文字を強調したい場合は、

  • フォントサイズを変更
  • <strong>テキスト</strong>(強調)
  • <em>テキスト</em>(斜体)

などを使うようにしましょう。

見出しタグは、文章の構成に関係ない意図で使用しないように注意しましょう。

大見出し(h1)はページ内でひとつ

大見出し(h1)は、1つの記事に対して1つだけ使用します。

h1を記事の中に2つ使用できないのかと言われれば、使用はできます。

使用はできますが、タイトルが記事内に2つあることになってしまいます。

本の中に、さらにタイトルがあるようで、よくわからなくなってしまいます。

また、1つの記事だからと言って、記事の途中で大見出し(h1)を使うことはありません。

大見出し=タイトル

と考えてください。

wordpressを使っている場合、タイトルがすでにh1を使用していますので、記事の中で使用する見出しタグはh2~h6になります。

見出しは内容がわかるようにつける

タイトルは、コンテンツの内容がわかるようにつけますが、意外と見出しについて何も考えずにつける方がいます。

見出しは目次です。

読者は、目次を見て、おもしろそうな内容だと思うからこそ、記事を読み進めてくれるのです。

見出しについては、タイトルのように、読者が読んでみたいと思うものをつける必要はありませんが、どういった内容が書かれているのかということはわかるようにしておきましょう。

まとめ

見出しタグは、それほど難しいものではありません。

しかし、検索エンジンと読者に評価してもらうために必要不可欠です。

見出しタグの順番を間違えたり、文章構成に関係ない意図で使用することは避けましょう。

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*