不動産の値段は不動産屋さんが決めていないという事実

Pocket

不動産の値段って誰が決めているのか?

不動産屋さんが決めていると思っている人は多いのではないでしょうか?

もちろん、物件を売ろうと考えている売り主は、不動産屋さんに相談します。

最近、「不動産査定承ります。」みたいなうたい文句の不動産屋さんをよく見かけます。

それは、不動産屋さんが売れるだろうと判断した値段です。

「他より高い不動産価格を提供します。」といった、広告を目にします。

これは、高い値段をつけておいて、売り主を自分のところに囲んでおくための手法です。

結局、高い値段をつけても、市場価格かそれ以下で取引が成立してしまうことが多々あるのです。

こういった話をすると、結局のところ不動産屋さんが値段をつけているのではないの?

そういう疑問が出ると思いますが、結局のところ「売り主」が値段を決めているのです。

不動産屋さんは、あくまでアドバイスしているだけ。

不動産屋さんが、いくらアドバイスしても、売り主が嫌だと言えば売ることができないのです。

スポンサードリンク


不動産の価格が決まるプロセス

不動産売買は、不動産を売る人がいなければ売ることができません。

「売り物件募集中」という広告をよく見かけると思いますが、不動産屋さんは、売れる物件がないと儲けが出ないのです。

不動産屋さんにとっての商品は、不動産です。

不動産を不動産屋さんが所有している場合はいいのですが、ほとんどの不動産屋さんは不動産を所有していません。

これは本当の話です。

不動産屋さんは、不動産を所有しない

不動産屋さんなのに、物件をほとんど所有していないのです。

理由は、不動産屋さんは仲介手数料を稼いで生計を立てているからなのです。

実は、不動産屋さんと言っても、表に出てきている不動産屋さん以外にも不動産屋さんはあるのです。

表に出てこない不動産屋さんは、大家業を生業にしていることが多いため、売買をする必要がないのです。

不動産価格を決める

不動産屋さんは、売り主が不動産を持ち込んできたら、まず何をするのかと言えば、レインズと言われる、不動産流通機構が運営しているネットワークを利用して同じような案件の取引価格を調べます。

レインズは、不動産屋さん以外の一般の人は見ることができません。

レインズで調べた、取引案件を暫定的に不動産の価格にします。

立地や築年数、駅の人気度を調べる

  • どういう立地で、周辺の環境はどうなのか?
  • 駅や主要道路からの距離はどうなのか?
  • 築年数はどれくらいか?

不動産屋さんは、こういったことを考慮して、レインズで調べた取引価格に加減して市場の値段をはじき出します。

レインズで調べた、取引案件に立地などの条件を加減して、売れるであろう値段をはじき出すのです。

不動産屋さんは、売れなければ儲けにならないからです。

スポンサードリンク


売りたい値段と買いたい値段の相違

売りたい物件の値段は、不動産屋さんのアドバイスを受けて、結局のところ売り主が決定します。

不動産屋さんと売り主との合意の上で、値段が決まります。

しかし、不動産を買うのは買主です。

売り主が売りたい値段で売ろうとしても、買主がほしいと思わなければ売ることができないのです。

売り主が値段を下げずに、結局売れない物件というのもよくあるのです

売りたい人と買いたい人の需要

不動産でなくとも、買いたい人がたくさんいれば商品の値段は上昇します。

反対に売りたい人がたくさんいれば、商品の値段は下がります。

市場は、需要と供給によって値段は決まるのです。

まとめ

不動産の価格は、不動産屋さんが決めているのではなく、「売り主」が決めているのです。

ただし、売買が成立する価格は、売り主の価格なのではなく、「市場価格」であるということです。

不動産の価格は、あくまで希望価格であるということを知っておけば、不動産を購入するときの参考になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*