雑記事

トヨタ KIROBO mini(キロボ・ミニ)はとんでもなくすごいやつ?!

Pocket

kirobomini
出典:TOYOTA 東京モーターショー2015

トヨタ自動車は、会話が可能な小型ロボット「KIROBO mini」(キロボ・ミニ)を今冬に販売すると10月3日発表しました。製造を担当するのは、ソニーから独立したパソコンメーカー「VAIO」です。

スポンサードリンク



同社には、ソニーの「AIBO」を製造していた安曇野工場があり、高密度設計や実装技術を生かしたロボットの製造・メンテナンスノウハウを活用する。連続コミュニケーション時間は2時間半。充電時間は約3時間

販売場所は、東京都と愛知県の一部ディーラーということで、価格は税抜き価格3万9800円。ウェブサイトで事前予約を受け付けるらしいです。

千葉市の幕張メッセで4日から7日まで開かれるCEATEC2016に出展されます。

「KIROBO mini」(キロボ・ミニ)は、高さ10センチ、重さ183グラムと小型で、雑談などが楽しめるようです。

本体のカメラで人の表情を認識したり、推定した感情に合わせた会話や仕草などが行えます。さらに、最初は3歳程度の知能だが、会話を重ねると相手の好みなどを覚えて、相手に合わせた会話をするようになるという成長機能が搭載されています。

目の部分にはカメラが内蔵されており、顔認識に加えて表情認識機能も搭載。声掛けをしなくてもKIROBO MINIが表情を読み取って、ユーザーの感情に合わせて話かけてくれるという優れもの。個人を判定することはできないらしいですが、音声認証で名前を登録することで、愛称で呼ぶこともできます。

「KIROBO mini」(キロボ・ミニ)は、ロボット宇宙飛行士として国際宇宙ステーションに滞在した「キロボ」をベースに小型・軽量化

KIROBOは、KIBO ROBOT(きぼうろぼっと)略してKIROBOということです。

スポンサードリンク



Pocket

NHK真田丸で真田紐が登場!真田紐の結び方が独特です。

Pocket

%e7%9c%9f%e7%94%b0%e7%b4%90

真田信繁(真田幸村)が九度山で蟄居(ちっきょ)していた時に考案し、作って売ったとされている「真田紐」。

真田紐と言われるものは、もともと、戦国時代、全国各地の武将が軍需物資として制作・使用していたようです。

スポンサードリンク



「真田紐」の実際の由来はいろいろとありますが、実際に世に広めたのは真田信繁(真田幸村)ということで、今でも「真田紐」という名前で売られています。

「真田の作った強い紐」という触れ込みで、行商人が売れ込み名を広めたとされています。

現在でも、「真田紐」として、売られていて、外国人にもお土産として喜ばれています。

真田紐の結い方

現在でも、真田紐は通販などで売られています。しっかりとしていて、色々なデザインが自由に作成できるところが人気であったとされています。

一番の理由は、「真田の作った強い紐」でしょう。NHK真田丸で放送される以前から、「真田の作った強い紐」という言葉は聞いたことがあります。

現代は、ストラップとしても使われていて、ブレスレットなどアクセサリーとしても人気です。

真田紐の購入はこちら

スポンサードリンク



Pocket

不動の人気 ファミコンが手のひらサイズで登場!!

Pocket

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%9f%e3%83%8b

1983年に発売され、爆発的人気だった「ファミリーコンピューター(ファミコン)」がデザインをそのままに縮小して登場です。懐かしのゲームソフト30本を内蔵した商品で、その名も「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ (NINTENDO CLASSIC MINI FAMILY COMPUTER)」

2016年11月10日発売
希望小売価格 5,980円(税別)

購入はこちら

同封のUSBケーブルで給電できます。HDMIケーブルでつなぐと懐かしのゲームソフトがすぐに遊べるようです。

1983年から1993年までに発売されてた30本が収録されています。今の30代から40代の方が、ファミコンブームでゲームをされていた時のタイトルが収録されています。

私が子供のころ、ファミコンを買っていただいて、よく遊んだゲームがたくさん入っていて、懐かしく購入しようと検討中です。

収録内容に、ドルアーガの塔がないのが残念です・・・。大好きだったのです
が・・・。

収録タイトル

スーパーマリオブラザーズ(任天堂)1985年発売

アトランチスの謎(サンソフト)1986年発売

ゼルダの伝説(任天堂)1986年発売

魔界村(カプコン)1986年発売

ダウンタウン熱血行進曲(テクノスジャパン)1990年発売

パックマン(ナムコ)1984年発売

アイスクライマー(任天堂)1985年発売

イー・アル・カンフー(コナミ)1985年発売

スーパー魂斗羅(コナミ)1990年発売

悪魔城ドラキュラ(コナミ)1986年発売

ドクターマリオ(任天堂)1990年発売

バルーンファイト(任天堂)1985年発売

スーパーマリオUSA(任天堂)1992年発売

エキサイトバイク(任天堂)1984年発売

スーパーマリオブラザーズ3(任天堂)1988年発売

ドンキーコング(任天堂)1983年発売

つっぱり大相撲(テクモ)1987年発売

ダウンタウン熱血物語(テクノスジャパン)1989年発売

マリオオープンゴルフ(任天堂)1991年発売

ギャラガ(ナムコ)1985年発売

マリオブラザーズ(任天堂)1983年発売

リンクの冒険(任天堂)1987年発売

星のカービィ(任天堂)1993年発売

ファイナルファンタジーⅢ(スクウェア)1990年発売

ダブルドラゴンⅡ(テクノスジャパン)1989年発売

メトロイド(任天堂)1986年発売

ソロモンの鍵(テクモ)1986年発売

グラディウス(コナミ)1986年発売

ロックマン2(カプコン)1988年発売

忍者龍剣伝(テクモ)1988年発売

アマゾンで購入

Pocket

MaBeee(マビー)グッドデザイン大賞受賞なるか?

Pocket

mabeee%e3%83%9e%e3%83%93%e3%83%bc

MaBeee(マビー) を開発したのは、ノバルス株式会社(本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町6番地相模屋ビル7F )

スポンサードリンク



”スマホでコントロールできる乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」が、日本で最も知名度があり、優れたデザインのプロダクトやサービスを表彰する「グッドデザイン賞」を受賞し、その中でも特に今年を象徴するデザインである「グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)」の候補に選出されました。

グッドデザイン大賞はMaBeeeを含む6件から決定します。なお、大賞選出にともない「2016年度グッドデザイン賞 ベスト100」も受賞いたしました。

<グッドデザイン賞審査員によるコメント>
非常にシンプルでありながら「なるほどその手があったか」と思わせるアイデアである。身の回りにありふれた単3電池に着目して、日用品やおもちゃなど既存の製品をスマート化することができる。

電池の出力をBluetoothでコントロールするという、単純だからこそ逆に発想が広がり、今後作り手が思いもしなかったような使い方や遊び方がユーザーによって生み出されることが期待できる製品である。”
出典:PRTIMES


通信する乾電池MaBeee (マビー)

MaBeee(マビー)とは?
MaBeee(マビー)は、乾電池で動く製品をスマホでコントロールできるようになる乾電池型IoT製品です。

市販の単4電池をMaBeee(マビー)にセットします。MaBeee(マビー)は単三電池の大きさになりますので、単3電池で稼働できる電化製品に搭載することができます。

複数の電池を使う製品でも、MaBeee(マビー)を一つだけ入れれば使うことができるのです。MaBeee(マビー)に入れた単4電池の残量がなくなっても、MaBeee(マビー)に入れた電池を交換するだけ。

MaBeee(マビー)は、スマホのアプリを通じて乾電池の出力をコントロールするというもの。

基本モード:
・スマホを振ってコントロール
・ボタンでコントロール
・スマホの傾きでコントロール
・声の大きさでコントロール
・スマホの距離でコントロール
・タイマーでコントロール

子供さんの知育に活用したり、遊びに使ったりと使い方の幅はとても広く、最大10台のMaBeee(マビー)とスマホアプリとつながるので、同時にいろいろなものを動かすこともできます。

amazonで購入はこちら
MaBeee(マビー)

楽天で購入はこちら
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/MaBeee/

スポンサードリンク



Pocket